吉永小百合の若い頃が可愛すぎ!広瀬すず・武井咲に激似?画像まとめ

吉永小百合が若い頃に出ていた作品は?

1959年のデビュー作「朝を呼ぶ口笛」から、2019年の最新作「最高の人生の見つけ方」までおよそ120本以上の映画に出演している吉永小百合さんのかわいい若い頃の代表作とも言える映画作品を紹介します。

吉永小百合が若い頃の作品【キューポラのある街】

1962年公開の日活作品「キューポラのある街」は、キューポラ(鉄の溶鉱炉)のある鋳物の街で知られた埼玉県川口市が舞台の青春ドラマです。主人公ジュンに扮する吉永小百合さんが、当時の貧困や民族問題などに健気に立ち向かう多くのエピソードを描いた作品です。

吉永小百合が若い頃の作品【男はつらいよ】

渥美清さん主演のヒット作で知られる1972年の寅さんシリーズ9作目「男はつらいよ 柴又旅情」と1974年の13作目「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」のマドンナ・歌子役で吉永小百合さんが出演していたのは有名な話ですが、残念ながら実現はしませんでしたが、3回目の出演を予定していた平成の後日談も企画されていたそうです。

吉永小百合が若い頃の作品【あゝひめゆりの塔】

現代では沖縄の観光名所としても知られる「ひめゆりの塔」。太平洋戦争末期の沖縄を舞台にひめゆり学園の生徒たちが生き残るために苦しんだ戦争超大作に日活青春スターが総出演、若い頃の吉永小百合さんが主演した作品です。

吉永小百合の可愛さに業界人もメロメロ

業界人の中にも多くのサユリストを持つほどの人気の大女優・吉永小百合さんですが、その中でも特にサユリストを公言してはばからないお二人の熱狂ぶりを紹介します。

吉永小百合ファン①タモリ

初めて吉永小百合さんと料亭で食事をした時に、座布団のフサフサを全部むしってしまうほど緊張したと言うタモリさんは吉永小百合さんと同じ歳で若い頃から生粋のサユリスト。今では良い友人関係を築いているようで羨ましいですね。

吉永小百合ファン②マツコデラックス

恋愛対象は男性のはずのマツコ・デラックススさんの番組「マツコの知らない世界」に吉永小百合さんがゲスト出演した折に、かわいい上目遣いで見つめられ「うわ!今私の中に無かったはずの『男の部分』が!」とうろたえる場面もありました。

吉永小百合が若い頃に整形していた?疑惑の真相は?

見た目が商売道具である芸能人が整形すると言うのは、特別騒ぎ立てるほどでも無く現代ではさほど珍しい事でもありません。2019年現在で73歳、一般にはおばあちゃんと認識される年齢であるはずの吉永小百合さんが若い頃とかわらずかわいいままなので、整形しているのでは?と噂が囁かれています。

吉永小百合の整形説はデマ

この噂のソースは全く不明ですが、吉永小百合さんが整形していると言った噂は全くのデマです。若い頃から並々ならぬ努力によって、多くの画像からもわかるように綺麗を保っているようです。

日頃のトレーニングが美人の秘訣

若い頃からの筋力トレーニングを日々欠かさず週2回の水泳などで鍛える事が、美容とアンチエイジングに最も効果的なのだそうです。吉永小百合さんが身を持って実証したアンチエイジングのトレーニングを、女性はもちろん男性にもぜひ見習って欲しいですね。

NEXT 食事管理も徹底的