これで移動も楽チン!転がせるクーラーボックス、クールラインキャリー!

最近はファミリーフィッシング・釣りガールなど、“釣り”は誰もが気軽に楽しめるアウトドアになってきています。その分、釣った魚を持ち帰り、家で調理することも増えます!そこで大活躍なのがクールラインキャリーです。今年(2018年)、ダイワから出た注目の新作クーラーボックスです。釣行での荷物を持ちながらの移動!に注目して、クーラーボックスとしての品質は落とさず、より釣り人のことを考え、移動可能なクーラーボックスを作りました。釣りが趣味の方も、初心者の方も、この注目アイテムの魅力を知ってください!楽しい釣り間違いなしです!

この記事をかいた人

クールラインキャリーのここに注目!その理由とは!?

クールラインキャリーとは?

出典;ダイワ

大手釣具店のダイワが出す、2018年新作のクーラーボックスです。“大型清音キャスター”と“コンパクトに収まるキャリーハンドル”が付いていることで、釣り場への移動や、船までの移動を楽にしてくれる移動型ボックスです。背面ハンガーは飲み物や、ロッドを入れる為のホルダーが取り付け可能で、なんと蓋はまるごと外して洗える両開きタイプ!釣り好きに嬉しい機能が一杯です。是非、気になっている方は、一読ください!

クーラーボックスは移動が悩みだった!

移動手段は車より電車!と言う方も多く、釣りはしたいけど、帰りに魚がいっぱい入った、重いクーラーボックスをもって帰るのはすごくつらいんです。釣り場にいっても、場所を移動するごとに持たなければならないと思うと、釣人にとっては、荷物の多さは、悩みの種なんです。クールラインキャリーはそんな悩みも解決してしまいます。

クールラインキャリーが収納と移動を楽にする!

出典;ダイワ

バッカンなどは、釣具をクールラインキャリーに、付属のショルダーベルトで固定し、重ねて移動できます!標準搭載として、ペットボトルホルダーがついており、釣り中に飲み置く場所も確保できます!そして、この背面ホルダーはロッドケースを収納することも可能です!また、ご飯など、食材いれにも使えます。

クールラインキャリーの回りからの評価は?

実際に使っている方の声って気になりますよね!購入の際の参考にもなります。クールラインキャリーのここが良い!ここはいまいち!そんな点をあげてみました。

カスタマーレビュー

飛行機と電車での釣行で使用しました。
以前に使用していたシークールキャリーと比較します。
<良かった点>
・フタが完全独立、高さがないので洗いやすい
・水抜き栓がないので水漏れの心配がない
・アジャスター付きのベルトで荷物を固定しやすい
・キャスターがかなり静かになった
・小物入れにスリムロッドケースがスッポリ収まる
・ホッケ3匹+アオゾイ1匹が入ってもまだ入る容量<微妙な点>
・取っ手がないので持ち上げて移動させるのが大変
・キャリー分奥行きが増えるので結構スペースをとる
・水抜き栓がないので水を抜くのが大変
・保冷力はあまり期待できない
・ちょっと値段が・・・
(引用;Amazon)

<メリット>

・釣りガールのみっぴちゃん(秋丸美帆さん)もイチオシ!

・多くの釣り好きの方が使っています。

・キャスターが大型清音なので、早朝・夜間の住宅街でも心配ありません。堤防などの足場の悪い釣り場でも音が静かです。

・電車で改札を通れる大きさなので電車の釣行も安心。

<デメリット>

・内容量が15Lなので物足りない。

・どうしてもキャスター音が気になる。

クールラインキャリーは、実際に多くの方が使っていますし、釣りをしている方からも好評価です。デメリットをカバーできるだけの魅力があります、でも購入するなら、良いところとマイナスなところの両方をしっかり知っておくことが大事です!

 

クールラインキャリーのここがすごい!

NEXT クールラインキャリーのここがすごい!