ユニフレームのツーバーナーが優秀!レビューや合わせて使いたいおすすめギアをご紹介!

ユニフレームのツーバーナーの使い方

ユニフレームのツーバーナーの使い方は至ってシンプル。ツーバーナーの脚を広げてセッティングしたら、蓋を持ち上げて風防を取り付けます。風防についてるピンを本体に指すだけで簡単に取り付け出来ます。底からカセットボンベを取り付けたら準備完了です。

ガスのボリュームを調節するツマミを開いた状態でツマミの横にあるボタンを押せば着火します。ライターやマッチを使う必要はありません。後は家庭のガスコンロと同じようにツマミで火加減を調整しながら料理をしましょう。

ユニフレームのツーバーナーの口コミ、レビュー

それでは、実際にユニフレームのツーバーナーを購入した方のレビューはどうでしょう。

他社のツーバーナーと悩んでいましたが、作りがしっかりしていたことと、市販のガス缶が使えるとのことでユニフレームを購入させて頂きました!1月の気温3度くらいで市販のガス缶は十分使えました!
(引用:Amazon)

真冬にキャンプをされたようです。パワーブースターの効果が実感できるシチュエーションですね。

ポンピング必要なし、燃料の補充なしで使い勝手満点。
ガス缶のセットは簡単ですから何の心配もなく使えます。
ガスはホームセンターやスーパーで売っているカセットコンロ用の特売品でOK。
3本200円以内売っていたのでまとめ買いでランニングコストも極めて安く済みます。
ランタンもユニフレームのカセットコンロ用ガスで使えるものにしたので、ガス缶も1種類でOK。
大満足の買物が出来ました
(引用:Amazon)

カセットボンベを使用できるので、これまでホワイトガソリン式やOD缶式のツーバーナーを使っていた方は特にユニフレームのツーバーナーの使い勝手の良さが実感できるようです。

合わせて使いたいおすすめギア

ユニフレームキッチンスタンドⅡ

出典:ユニフレーム

ユニフレームのツーバーナーをさらに便利に使うためにおすすめのギアです。使用時の高さは77.5cmとツーバーナーを乗せて丁度腰のあたりの高さになります。左手側にツーバーナー、右手側に調理台、その下に棚が2つと、これ1台で調理スペースが完成してしまいます。

サイズは使用時、横幅108cm×縦37cm ×高さ77.5㎝。収納時、横幅58cm×縦37cm×厚さ9.5㎝。重量約5.9kgです。

ユニフレームツーバーナー対応グリルプレート

出典:Amazon

もう1つおすすめしたいのが、グリルプレート。ユニフレームでは今のところツーバーナー対応の純正のグリルプレートは製造していないので、社外品になります。

出典:Amazon

鉄板市場からユニフレームのツーバーナーに対応したグリルプレートが販売されています。サイズは480mmx270mm35mmとピッタリサイズ。4.5mm厚の鉄板で重さは約4.0kgです。このグリルプレートがあればツーバーナーを囲んで、みんなでBBQをすることができちゃいますよ。

ツーバーナーの購入を検討するならユニフレーム

ユニフレームのツーバーナーをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
江戸時代から続く金物の街で作られるユニフレームのツーバーナーはデザイン、機能性ともにおすすめです。また、燃料にカセットボンベを使うので、手軽に調達できて経済的なのも嬉しいですね。これからツーバーナーの購入を検討されている方は、是非ユニフレームのツーバーナーも候補に入れてみて下さい。