イシモチのおいしいレシピ10選 | 塩焼きや酒蒸しの作り方をご紹介

イシモチの炊き込みご飯は鯛飯にも負けない美味しさ

イシモチの炊き込みご飯は、イシモチとご飯を一緒に食べられる一番てっとり早い調理法ですが、それだけではありません。ふっくらと炊き上がったご飯とイシモチのほくほくの身は魚の炊き込みご飯の王道である鯛飯に匹敵する美味しさです。釣り人の間ではこの炊き込みご飯が結構人気があるようです。余裕があればぜひ土鍋を使いましょう。

イシモチの炊き込みご飯のレシピ

下処理したイシモチを生のまま炊いても美味しく食べられますが、その前にイシモチに軽く焼き目を付けてからご飯と一緒に炊くと香ばしさも出て美味しいとされています。調味料は酒、醤油のみで刻み生姜を入れると香りがアクセントとなり味わいに奥行きが出ます。最後に青じそを散らして爽やかさを加えてあげるのもおすすめです。

イシモチのおいしいレシピ10選 / イシモチのさつま揚げ

イシモチのさつま揚げはビールによく合う

練り物の原材料の中で高級魚として位置付けられているイシモチ。そのイシモチだけで作るさつま揚げが美味しくないはすがありません。少々手間もかかりますがその分揚げたてのイシモチのさつま揚げを食べることができます。出来上がったらビールを片手に豪快にかぶりつきましょう。ジューシーな口当たりがくせになります。

イシモチのさつま揚げのレシピ

下処理をし骨と皮を取ったイシモチを塩、砂糖、酒、みりん、卵とともにフードプロセッサーにかけます。タネを形成し、170度の油で揚げます。タネに刻んだ紅生姜や、人参、枝豆などの野菜を入れると食感に楽しさが出ます。出来立てはぜひそのままで食べてみましょう。イシモチのまた違った美味しさを堪能できます。

イシモチのおいしいレシピ10選 / イシモチの干物

イシモチの干物はたくさん釣れたときなどにおすすめ

イシモチがたくさん釣れてしまったなどそんな時は保存もできる干物がおすすめ。しっかり塩分を含ませてあげれば冷蔵でも1週間はもちます。干物にすることで旨みが凝縮されて普通に塩焼きで食べるよりおいしいとも言われています。またこのイシモチの干物は韓国では贈答品やお盆や旧正月のご馳走として現在も食されています。

イシモチの干物のレシピ

イシモチは下処理をしてさらに腹の中の血合いをきれいに取り除きます。この時歯ブラシを使うと効果的です。その後、海水よりも少し塩辛いくらいの塩水に30分ほど漬けます。取り出した身をキッチンペーパーを使って水気をよく拭き取ります。あとは風通しの良い場所に干してあげるだけで、表面がべたつかなくなる頃が仕上がりの目安です。

イシモチのおいしいレシピ番外編/ イシモチを生で食す①

イシモチの刺身は簡単に味わえない幻の味

イシモチの刺身は白身界でも指折りの美味しさを誇ると言われています。がしかし簡単に味わえない存在です。鮮度の落ちが早いため自らの手で釣り上げ活き締めと血抜きをして初めておいしく生で食べることができるのです。刺身用にしたサクは死後硬直がほぐれる2日後くらいがおすすめです。濃厚で甘みの出る最高な白身を体験できます。

NEXT イシモチのおいしいレシピ番外編/ イシモチを生で食す②