レジャーシートは厚手がおすすめ!厳選15選をご紹介 

アウトドアに必須のアイテムであるレジャーシート。「レジャーシートが厚手だとこんなに快適」という理由や、厚手のレジャーシートを選ぶ時のポイントも解説し、おすすめ15選をまとめました。

この記事をかいた人

レジャーシートは厚手に限る!その理由は?

レジャーシートは厚手ならクッション性抜群でお尻が痛くならない

アウトドアは自宅とは違いふかふかのソファーやクッションなどはありません、そのため薄い地べたに座っているようなレジャーシートではすぐにお尻が痛くなり、痛みとの戦いになると言っても過言ではありません。ただし厚手のレジャーシートは座り心地もよく負担もかからないためお尻も痛くなりません。

レジャーシートが厚手なら断熱効果で冬場も大丈夫!

薄い地べたに座っているようなレジャーシートでは地面に近い分、地面の冷たさが直接伝わってきます。夏でも山などは夜気温が下がるため寒くなります、レジャーシートを分厚いものにすれば地面の熱が直接体にくることはないので断熱効果もあります。

厚手のレジャーシートは風にも強い

もちろん風にも強いです。少し休憩をするにも風が強い場合は厚手のレジャーシートを風避けにも使えます。

レジャーシート厚手を選ぶ時のポイントはここだ!

防水・撥水の厚手レジャーシートを選ぼう

厚手のものでも防水機能がなければ断熱などには意味がありません、地面の熱を遮断し水の侵食を防ぐものを選ぶようにしましょう。

洗える厚手レジャーシートを選ぼう

地面に敷いて使うものなどでもちろんすぐに汚れます。上に座ったり横になって触れるものなので清潔に保つために洗えるものがいいでしょう。

収納しやすい厚手レジャーシートを選ぼう

かさばり荷物になりレジャーシートにストレスを感じては本末転倒です。簡単に収納でき収納に時間がかからないものが望ましいです。

厚手のレジャーシートおすすめ15選!1「OutPort」

NEXT 厚手のレジャーシートおすすめ15選!1「OutPort」