氏賀y太はグロ漫画家!実はネタ絵も描いている?子供はいるの?

氏賀y太とはアダルト・グロテスクな作風で知られる「読むとトラウマになる」猟奇漫画家。また氏賀y太は検索してはいけない言葉にも選ばれています。一方pixivでのネタ絵なども有名で、現実では妻と子供がいる人物のようです。今回はそんな氏賀y太について詳しく紹介!

この記事をかいた人

基本的にゲーム関連や、家電が大好き。そして、興味を持ったことをトコトン追求するマルチライターです。

「氏賀y太」とは?トラウマ確定のグロ漫画家!

Pexels / Pixabay

氏賀y太とは一部に愛されている漫画家であり、描く作品やジャケットは「デッドフラミンゴ」などで知られる、エロくて残虐な描写が多い事で知られています。また、実際に起こったコンクリ事件をモデルにした漫画は世間に大きな物議をかもしだしました。

そして、氏賀y太は、コンクリ事件の影響や心をえぐるような過激な作風から、ネット上で検索してはいけない言葉にも選出されています。また、検索していけない言葉に興味のある方はこちらの記事もご紹介いたします。

氏賀y太の作風は?どんな作品を描いている?

氏賀y太は、先ほどにも述べたように過激なジャケットや超暴力的な表現が多い猟奇的漫画家であり、一見近寄りがたい異質な人を想像してしまいます。直近では「デッドフラミンゴ」という作品を出版しました。

しかしながら氏賀y太は、結婚して子供も授かっており、一般的な家庭を持っていることから、ある程度の常識を持った人格者であることがわかります。

可愛らしい画風で暴力・人体破壊・カニバリズムなどを扱う

darksouls1 / Pixabay

氏賀y太の作風は、少女漫画のような可愛らしい子供の人体破壊劇や、カニバリズムを表現するのが基本です。出血表現はもちろん、臓物を引きちぎったり、撒き散らしたりする事も当たり前です。

ブラックジョークや陰惨な描写が多いため読む人を選ぶ漫画作品

www_slon_pics / Pixabay

他にもエログロと言われるジャンルの漫画作品は数多く存在しますが、その中でも、氏賀y太は、「デッドフラミンゴ」などのように陰惨な表現が強いです。彼の猟奇漫画作品の中に健全という言葉は無いに等しいのです。

そのため、数あるエログロな漫画作品の中でも、特に人を選ぶと言われています。確かに、少女漫画に出てくるような可愛い子供の体が、引きちぎれたり、殴られたりするのを見て、興奮する人は少ないと思います。

氏賀y太は一般作品やネタ絵も書いている

rawpixel / Pixabay

「デッドフラミンゴ」など、エログロで暗いイメージがある氏賀y太ですが、そんな過激な描写がない、明るいジャケット表紙の成人向け作品も別名義で存在します。

そして、ポップな印象のイラスト投稿をピクシブというサイトに行ったりもしています。これは主に、氏賀y太の家庭の日常や、漫画などの作画についての投稿が多いです。ぜひ一度閲覧してみてください。

氏賀y太の作品一覧!トラウマになった人が多い?

ambermb / Pixabay

氏賀y太名義での代表作「デッドフラミンゴ」等数多く存在していて、そのほとんどがグロテスクで破壊的な作品ばかりです。また、コンクリ事件を題材にした作品も世間を騒がせました。

それぞれの漫画のジャケットからも過激な印象が伺えます。そんな氏賀y太の代表的な9作品をご紹介していきます。

氏賀y太の作品①まいちゃんの日常

NEXT 氏賀y太の作品①まいちゃんの日常