ダイワルビアスのおすすめ13選!釣り人を魅了するスペックを解説

ダイワのルビアスシリーズは高性能でコスパも良く、初心者の方でも使いやすいのでとても人気があるリールです。リールを購入しようと思っている方や買い替えようとして迷っている方に、ルビアスシリーズの詳しいスペックをご紹介しますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

この記事をかいた人

ダイワルビアスの魅力とは

スピニングリールでもっとも大事な要素は、ドラグ性能・軽量・回転・耐久性です。軽量化されたエアローターを搭載しており、リールも軽量化しハンドルの回転を軽やかにする事を実現させました。

ダイワのルビアスはクラスを超える高性能であり、アングラーの為に日々進化していきます。次々に新たなモデルが発売し選択の幅が広がっていくでしょう。

ダイワルビアスの特徴

1003/2004/2004H

アジング・メバルゲーム・トラウトなどのライトSWに対応したモデルになります。100g台という軽さを生かし、ライトルアー釣りに大きなメリットとなります。

2506/2506H

バス・フィネスフィッシングに対応したモデルになります。ロッドのバランスが向上しているため、感度がよくリグの操作性に貢献してくれます。

2508PE-H/PE-DH

ライン0.8号-150mの量を持つモデルが発売され、エギング・ベイエリア・少し大きい本流など、幅広く対応したモデルになります。最大ドラグ力が7㎏なので様々なターゲットを狙う事ができます

2510PE-H

このモデルは最大の巻糸量を持っており、ハンドル一回転84㎝巻き取るのでラインスラックを取るのが快適になりました。エアローターのおかげで、リトリーブ感度も高くなっています。

3012/3012H

ライトオフショアゲーム・大型トラウトに最適な最大サイズのモデルです。デジギヤは精密なマシンカットで理想の歯車を実現し、マグシールドの効果と合わさる事で滑らかな巻き心地を維持してくれます。

ダイワルビアス搭載機能の紹介

まずはリールに搭載されている高機能で、高性能のダイワ独自開発「テクノロジー」について、機能別に説明していきます。

ダイワルビアスのマグシールド

ボディーとローターの間に、磁性を持っている液体の壁を作りました。そうすることによって異物、垢、水の侵入を防ぐ役割をしています。ルビアスモデルはマシンカットデジギアを搭載しており高い耐久性を持っています。

ギアーの精度がハンドルを巻く手に直接感じられます。この高性能のギアを長時間維持するため、滑らかな巻き心地にするためマグシールドは必要不可欠な機能なんです。

ダイワルビアス搭載ATDとは

従来のドラグから進化した新しいドラグ「ATD」が搭載されました。ドラグの効きがやわらかい為、滑り出しがスムーズになりターゲットに違和感を与えにくく、無駄な暴れから防ぎます。

独特の粘りでドラグの設定値が低くても、ファイトしている時に再調整する事が少なくなりました。今までのモデルよりもラインブレイクしにくく、メインシャフト側にドラグ部分のボールベアリングが追加されているので、更に滑り出しが良くなっています。

ダイワルビアスのエアローター

NEXT ダイワルビアスのエアローター