スノーピークのマグカップは高機能で使いやすい!素材や容量、選び方をご紹介します!

スノーマーク*のロゴがおしゃれなアウトドアブランド、スノーピークのマグカップが優れた機能とデザインで、多くのユーザーに支持されています。キャンプシーンはもちろん、普段使いのマグカップとしても使いたい日本製の品質の良さ。種類やスペックを掘り下げてみました。

この記事をかいた人

ヤマゴモラーの祖父、ヤマノボラーの父を持つ三代目。

スノーピークのマグカップの素材は2種類ある

スノーピークのマグカップは、チタン素材とステンレス素材の2種類です。どちらも金属製で、割れない、丈夫と共通点もありますが、素材によって特徴が異なります。 それぞれメリットデメリットがありますが、軽さ重視ならチタン、安さ重視でステンレスを選ぶ人が多いようです。

チタン製

チタンマグは職人がひとつひとつ、1枚のチタンプレートから”絞り加工”を手掛け作られています。軽量で熱伝導率が低いチタニウムは、熱の伝わりが鈍く、カップに熱い飲みものを入れても口元が熱くなりにくい特性を持っています。

金属臭もないため食器に最適な金属です。軽さを追及した設計のため、軽すぎて空の状態だと風に飛ばされることも。

ステンレス製

ステンレス素材は強度があり、変形の心配がありません。また、加工性、耐食性、耐酸性に優れています。光沢が美しく、衛生的な金属です。チタニウムと比べて廉価なのも魅力です。頑丈なだけあって、バックパックの荷を軽くしたい人には、重いと感じるかもしれません。

スノーピークのマグカップは2タイプ

スノーピークのマグカップにはシングル構造とダブル構造の2つのタイプがあります。より保温性を求めてダブル構造にするか、軽量で直火使用もできるシングル構造を選ぶか、選択のポイントは様々です。

同じ容量のマグカップでもシングルかダブルかで重量差が倍程度になります。用途別に使い分けるユーザーも。

シングル構造

シングルウォールのマグカップは軽量で、チタンマグの素材には板厚0.4mmのチタニウムが採用されています。ステンレスマグカップも丈夫で軽いのが特長で、荷重を小さくしたいソロアクティビティに最適です。

コンロにかけても問題はないので、クッカーとして使用するキャンパーにもシングルウォールタイプは人気です。

ダブル構造

二重にしたウォールで空気の層を挟んだ構造になっています。このためダブルウォールのマグカップは保温性に優れ、熱いものは冷めにくく、また氷も溶けにくい、さらにマグカップを持つ手や口にも熱が伝わりにくいので、キャンプシーンなど野外での使用に最適です。

また、デスクで使うにも結露がなく便利です。真空の二重構造ではないので、完璧な保温力とまではいきませんが、火傷の心配がないのは嬉しい設計です。

ダブルとシングルの違いとは

スノーピークのマグカップを選ぶ大きなポイントとして挙げられるのが、ダブルウォールマグかシングルウォールマグかということになります。どんな違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴や選ぶ基準を見比べてみましょう。

①重量

NEXT ①重量