シマノナスキーの全ラインナップをご紹介!2500や4000も!

独自の金属加工技術を極限まで研ぎ澄ませて開発されたシマノのスピニングリール、ナスキー(NASCI)。この記事では、そんなナスキーのラインナップとその魅力、各ナスキーのラインナップごとに向いている釣りをまとめました。

この記事をかいた人

アウトドアが好き。少しだけ自然という非日常に触れて、現実へと帰る感じが好き。そう感じるのは、幼い頃にキャンプへ連れて行ってもらえたからだと思う。星空を流れる風の音に心を奪われた夜の思い出は、幾つになっても、色あせずに血肉となって、受け継がれていくのだと思う。

シマノナスキーとは

日本のアウトドアスポーツ用品メーカーであるシマノが開発した先端技術の多くが導入されたナスキー(NASCI)は、エントリーモデルの中でも特にコストパフォーマンスに優れ、新技術により獲得されたパワーと耐久性を併せ持つ期待のブランドシリーズです。

シマノナスキーとはシマノが販売するリール

シマノナスキーの最大の特徴は、シマノの誇る「HAGANE」思想から生み出されたHAGANEギアを搭載していること。切削せずにミクロン単位の精度を実現するという驚異の技術により、強靭さを兼ね備えつつ、滑らかな巻き心地を実現しています。

シマノナスキーは全11種

豊富な種類を誇るシマノナスキーは全部で11種類。いずれもエントリーモデルとしての位置付けで紹介されることが多いものの、渓流釣りからエギング、シーバス釣りと、幅広い好敵手を相手に相棒として活躍できる充実したラインナップが取り揃えられています。

シマノナスキーのラインナップをご紹介|500

もっとも小さなシマノナスキーが、シマノナスキー500です。ハンドル長は40mmと小柄に設計されており、最大巻上長は69cm。シマノの誇るHAGANEギアを搭載し、Gフリーボディ、AR-Cスプールに加え、使用後に軽くシャワーで洗い流すことで、錆をよせつけなず長持ちする、海水に強い独自の高性能ベアリングが採用されています。

シマノナスキー500の特徴と魅力

大人の男性であれば、片手で握れてしまうほどコンパクトに作られているシマノナスキー500。小さく、軽く、軽快に動く。それがシマノナスキー500の特徴と言えます。その小さなリールにシマノの先端技術が濃縮されています。

シマノナスキー500のスペックと評価

出典:Amazon

シマノナスキー500は、シリーズ最軽量のシマノナスキーです。そのため、ストロークが8mmと若干少なめですが、リールのサイズを考えると十分と言えそうです。従来品と比べて撥水性が向上し、大径ドラグノブが採用されたことで、見た目よりも安定感があります。

  • ギア比:5.6
  • 実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
  • 自重(g):175
  • スプール寸法(径mm/ストロークmm):39.5/8
  • ナイロン糸巻量(号-m):1-150、1.5-90、2-70
  • フロロ糸巻量(号-m):1-130、1.5-85、2-60
  • PE糸巻量(号-m):0.6-185、0.8-140、1-110
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69
  • ハンドル長(mm):40
  • ベアリング数(ボール/ローラー):3/1

シマノナスキー500に向いている釣り

小さくて軽いリールであることが活きるマイクロジギングでの利用がおすすめです。マイクロジギングであれば、ロッドを選び直さずとも、波止や漁港内の足元に糸を垂らして、子供や女性の方でも、気兼ねなく楽しむことができます。

シマノナスキーのラインナップをご紹介|1000

NEXT シマノナスキーのラインナップをご紹介|1000