ダイワクレストの魅力を解説これがおすすめラインナップ6選だ!

今回紹介するリール、ダイワクレストは、リーズナブルな値段設定のうえにデザインもよく、そして釣り初めの初心者の方から中級者の方にもおすすめしたいリールです。今回はそんなダイワクレストの人気の秘密や特徴を徹底的にご紹介します。

この記事をかいた人

ダイワクレストの魅力とは

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 クレスト 2508H (2500サイズ)

Amazonで見る

ダイワクレストの魅力は、メッキパーツなどを使い、デザインが良いというところです。また、1000〜4000番までの番手が選べるという事、そして、軽量で高剛性のボディー、淡水はもちろん海水での使用も可能なので、あらゆるジャンルの釣りに使用できます。

ダイワクレストの人気の理由

ダイワクレストの人気の理由は、まずリーズナブルな事になります。そして、その事により初心者の方から、中級者の方達まで使いやすいからです。また、ダイワのリールのスタンダードモデルでもあります。スタンダードとはいうものの、ダイワの最新技術はふんだんに使われているのです。それでもリーズナブルなため、非常にコスパがよいリールと人気を集めています。

クレストの特徴:新型ボディ・デジタルギア

新型ボディは軽量で高剛性が有る作りになっています。高剛性があるボディになってくると、大きい魚が掛かった時などには、リールによっては巻けなくなると言ったことが起きます。高剛性が有るとボディが強いので安心して大物も狙えるのです。

また、新しいデジタルギアとは、ダイワ独自の設計技術によるギアです。そして、デジタル解析より導き出された理想的な歯面を実現するために、超高性能マシンカット技術を使い、鍛造ギヤよりも数倍以上の歯面制度を実現しています。その事により耐久性が向上してるのです。

クレストの特徴:インフィニットスットパー搭載

インフィニティスットパーとは、特殊なワンウェイクラッチを使いローターやハンドルの逆転、ガタなどを防ぐ事ができます。その事によって、タイトで高精度な巻き上げを可能にする機構になります。そして高性能な巻き上げにより、巻いて釣るスタイルの釣りなどでは、当たりの感度も上がるのです。

クレストの特徴:ABS

ABS Ⅱ とはまずABSと略なのですが、アンチ・バックラッシュ・システムの略になります。釣りに行くとたまにあるバックラッシュなどのライントラブル、その事により時合いを逃してしまったりなどがあり、悔しい思いをすることもありますよね。そんなライントラブルを防いでくれるのがこのABSⅡとなるのです。

スプールの形状がテーパーになっており、ラインが押し出される事なく綺麗に放出される状態になってるのです。また、その形状はリールの対象魚や釣り方にもよって違ってきますので、飛距離もよく飛ぶようになっています。

ダイワ(Daiwa)スピニングリール16 クレスト 4000Hを紹介

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 クレスト 4000H

Amazonで見る

¥4927(amazon12月25日現在)
ダイワクレスト4000Hの紹介をいたします。まず、何と言ってもこの番手でこの値段は非常にリーズナブルです。4000番ですとタイラバ、ジギング、シェアジギングに適しています。

ダイワ(Daiwa)16 クレスト 4000Hのスペック紹介

NEXT ダイワ(Daiwa)16 クレスト 4000Hのスペック紹介