コールマンのタフドームはファミリーキャンプにぴったり!人気のタフドームシリーズを徹底比較!

撤去方法

設営とは逆の手順となり、ポールを抜いた後畳んでいきます。フライシートは屋根の部分の四隅を持って半分にした後長方形に畳みます。その後にインナーテントをたたんで、先ほどのポールとフライシートと合わせ収納します。

わかりやすい動画もご紹介!

設営方法については、こちらのコールマンの公式動画も参考にしてみてくださいね。実際に動画を見て一通りの流れをイメージしておくと、実際の設営時に慌てることも少なくなります。

タフドーム設営のポイント

×印になるようにインナーテント上のスリーブに通す訳ですが、その時に前後のドアにあたるインナーテントのファスナーの下側部分だけを開けておきます。そうすると立ち上げる際に、空気が入って立ち上げやすくなります。フライシートをインナーテントに掛ける際には、風上に向かってすると上手くいきます。

ベグをしっかりと打つこと

外側に四隅のループを引っ張りながら、風によって崩壊することがないようベグをしっかりと打ち込みます。先端が見えなくなるほど打つと、撤収する際に抜きずらくなります。先端5cm位を残して打つのがペグ打ちの基本です。

跳ね上げ用のポールが付属しないので別途用意する

フロント部分のキャノピーを跳ね上げる時には、ポールが付属していないので別途購入する必要があります。タフドームに合わせて180㎝前後のポールが適しています。もちろんすでに持っていれば、他のテントのものでもこと足ります。

その他のコールマンの記事はこちら

コールマンのタフドームをご紹介①タフドーム/3025

出典:Amazon

Amazonで見る

ファミリーキャンプに安心なスタンダード型のドームです。300cm幅は広々としていて、自慢のサークルベンチレーションシステムが空気循環を欠かしません。テントの中の移動も楽々で快適に過ごせます。

家族4-5人向けサイズ

出典:Amazon

Amazonで見る

初めてテントを組み立てる方でも安心できるタフドームです。家族4-5人向けサイズとして申し分のない広さです。高さもあるので、身長180cm以上でなければストレスは感じません。居住性は抜群になっているので、家族キャンプに最適です。

NEXT スペック詳細