ヘビキャロワームに最適なワームを徹底紹介!おすすめや琵琶湖釣りの魅力も!

琵琶湖といえば、あのビッグなブラックバス釣りのメッカです。今、その琵琶湖などでブラックバス釣りに主流として使われているのがヘビキャロという仕掛けです。ここで用いられるヘビキャロワームのいろいろな種類と各々の用途、大きさ、重量など丁寧にご紹介します。

この記事をかいた人

これまでバイクの記事なども書いた経験がありますが、釣りは奥が深いので、楽しく勉強しながら書いています。

ヘビキャロワームを制するものは琵琶湖も制する!

ブラックバス釣りのメッカ、広い琵琶湖にはいろいろなブラックバス釣りのスポットがあります。それぞれのスポットに最適なヘビキャロワームを選んで使いこなすことこそ琵琶湖釣りの醍醐味というものです。

ヘビキャロとは

ヘビーキャロライナリグの略称で、文字通り重いシンカーを使い、これを竿の先からワームとフックまでのほぼ中央に置くタイプの仕掛けを指す言葉です。シンカーの重さとしては約1オンス程度のものが用いられます。

ヘビキャロの魅力

ヘビキャロはヘビーなシンカーのおかげで遠くまで投げることができます。だから広いエリアを探るのに適しています。その上、ヘビーなシンカーなら流れがあるところでも流されにくいのも大きな利点です。

琵琶湖で狙える魚

琵琶湖ではブラックバス、ブルーギルの他ほとんどすべての淡水魚が獲れますが、琵琶湖でヘビキャロで狙える魚として筆頭に挙げるべきものはブラックバスです。他にヘビキャロに適する魚としてはブルーギルが挙げられます。

ヘビキャロワームの選び方

ヘビキャロワームとは魚が食いつく餌のイミテーションで、形状にもザリガニや小エビ模したものなどいろいろあります。また大きさにもいろいろあります。これらを選んで使い分けるための情報を提供いたします。

ヘビキャロワームの選び方

ヘビキャロワームの種類は、代表的なものとして、後ほどご紹介する3種類があり、それぞれ違う形状を持っています。それぞれの種類や大きさごとに、使う場所やアクションに応じた適した用途があります。

ヘビキャロワームをそれぞれの用途で使用するときの大きさ

小さなワームは遠投ができます。大きなワームは飛距離が短い代わりに魚に感知されやすいという利点があります。遠投を優先するなら、2~3インチのワームが、大きな魚を狙うなら、4~5インチのワームが適当です。

ヘビキャロワームの種類|シャッドテールワーム

NEXT ヘビキャロワームの種類|シャッドテールワーム