薪ストーブキャンプにおすすめストーブ15選|便利グッズもご紹介

テントサイトは意外と冷えるもの。そんな時に薪ストーブはテントサイトを暖かく包み込んでくれます。薪ストーブキャンプの良さは薪をくべる楽しさや柔らかな焚き火をみて癒されるところです。この記事では薪ストーブキャンプの魅力とおすすめの薪ストーブなどをご紹介します!

この記事をかいた人

為せば成る・・・? 一つ一つお世話します!

薪ストーブのあるテントサイト

火の取り扱い方から敬遠されがちの薪ストーブですが、テントサイトにあると様々な面で有用です。もちろん闇を照らす明かりともなりますが、調理の煮炊きなどもできて便利です。また体を温めてくれるだけでなく、心も落ち着かせてくれて安心します。

火のゆらぎに癒される:魅力①

我々の遺伝子にも残っているのでしょうか、火のある所に人は集まります。自然の中のさざ波やせせらぎに風の音などと同じように、火のゆらぎにも癒されます。見つめていると心が癒される、そんな魅力が薪ストーブにはあります。

心だけではなく体も温める:魅力②

大きな空間を温めることができる薪ストーブですが、赤外線の輻射熱効果があり人肌を直接温めてくれます。周りの空気を温めるだけでなく、心も身体も温めてくれるのが薪ストーブの魅力の一つです。

薪ストーブの使い方

あくまで一般的な使用法ということで薪ストーブの使い方を簡単に説明してみます。最初に薪ストーブを用意するところから火を消すところまでの一通りになります。これは一般的なものなので、他にも違うやり方があることも理解してください。

薪ストーブの設置をする

先ず最初の設置場所ですが、できるだけ安定した地面の上で使用するということです。また薪ストーブをセットする際の留意点としては、ストーブの本体や煙突に接触するものが無いように注意します。火の元ですので当然です。

着火して熾火を作っていく

良く乾いた中程度の薪を2-3本用意し、その上に樹皮や細い薪などの焚き付けをのせ着火します。この時炎が上るように空気の通り道を確保します。火の勢いが良くなったら、煙が煙突から出ていることを確認して蓋を閉めます。

薪を追加して火力を安定させる

熾火は燃え切った薪が真っ赤になった状態です。最初に入れた中程度の薪が熾火になったら、熾の部分をを平らにして薪を追加します。くべるのは太い薪だけでも良いですが、細い薪を1-2本入れてから太い薪を入れると火力が安定します。

火力の利用と消し方

NEXT 火力の利用と消し方