釣り糸(ライン)の種類や強度について解説!初心者入門編

釣り糸の種類・特徴

種類・特徴① ナイロン製の釣り糸

ナイロン素材の釣り糸は、主要3種類の中でもっとも柔らかい素材です。そのため「使いやすいがアタリをとりにくい」という特徴があります。また水を吸いやすく、塩分や紫外線にも弱いため、劣化が早いというデメリットもあります。ただ値段は主要3種類の中でもっとも安価なため、リーズナブルで使いやすい釣り糸として、初心者におすすめです。

種類・特徴② フロロカーボン製の釣り糸

フロロカーボンは、ナイロンよりも硬い素材です。そのためナイロンに比べて「アタリをとりやすいが使いにくい」ということになります。耐久性についてはナイロンより優れています。また、重い素材なので「飛距離を出しにくい」「沈みやすい」という特徴もあります。「沈みやすい」ことは、深い場所の魚を狙う際にはメリットになります。

種類・特徴③ PE製の釣り糸

PE素材は、主要3種類の中でもっとも硬い素材です。アタリのとりやすさは抜群ですが、一方で釣り糸が絡むトラブルが起きやすく、使いこなすには慣れが必要です。また硬いと同時にとても軽い素材でもあるため、「遠くまで飛ばせる」「浮きやすい」という特徴もあります。「浮きやすい」ことは、水面付近の魚を狙う際にはメリットとなります。

釣り糸の強度・選び方

種類ごとの強度を整理しよう

まず、素材ごとの強度を改めて整理しましょう。ナイロンは柔らかい素材なので劣化が早い一方、摩擦にはある程度耐えられます。フロロカーボンはナイロンより硬く耐久性があり、耐摩擦性も非常に高いです。

PEは極めて硬い素材ですが、特殊な製法で作られています。1本の糸ではなく、複数の細い糸を編み込むようにして作られているのです。そのため耐久性が高く荷重にも強いのですが、編み込まれた1本1本がとても細いので摩擦には弱く、切れやすい性質を持っています。

選び方① 釣り糸の用途で選ぶ

釣り糸は、用途によって呼び方が変わります。釣り竿にセットする糸は「道糸」と言います。道糸に釣り針を直接結ぶ場合もありますが、道糸と針の間に「ハリス」と呼ばれる別の糸をつなぐこともあります。

ハリスは魚や障害物に直接触れるので、耐久性が求められます。そのため、ハリスにはフロロカーボン製の釣り糸が向いています。一方で、道糸には釣り方に応じてナイロン・フロロカーボン・PEのいずれも使います。

選び方② 釣り方で選ぶ

釣り方としては、狙う場所の違いがあります。浅い場所を狙うには、軽く沈みにくいPE素材の釣り糸を道糸にします。一方深い場所を狙うには、重くて沈みやすいフロロカーボン素材の釣り糸を道糸にします。

また、狙う魚の種類によっても釣り糸の選び方が変わります。通常の海釣りであれば、ナイロン製の釣り糸で対応できます。一方バス釣りだと魚を探る必要があるので、アタリをとりやすいPE素材の釣り糸を中心に考えることになります。

釣り糸のリールへの巻き方

巻き方① ナイロン・フロロカーボンの場合

ここからは、リールに釣り糸を巻き付ける方法を説明します。ナイロン・フロロカーボンの釣り糸の場合から見ていきましょう。まず、リールを釣り竿に装着します。次に、釣り竿のガイド(釣り竿に並んでいる糸を通す輪っか)に通した釣り糸を、リールに結びつけて固定します。そのあとは、リールのハンドルを回して釣り糸を巻き付けていきます。

巻き方② PE素材の場合

では、PE素材の釣り糸の場合についても見ていきましょう。基本的な手順はナイロン・フロロカーボンの場合と同じです。ただPE素材の特性上、注意すべきことがあります。まず、PE素材は滑りやすいので、リールに固定するときは注意して結びましょう。また、PE素材は摩擦に弱いので、ハンドルを回転させるスピードに注意しましょう。

NEXT 釣り糸の結び方