バーベキュー人気食材で作る!子供が喜ぶおすすめメニューと遊び

バーベキューで食材を焼くだけだと子供は飽きてしまい食べてくれないことがありませんか?いつもの食材にアレンジを少し加えることで子供が喜ぶメニューに大変身します。いつもの食材を使った子供が喜ぶおすすめメニューとバーベキューに飽きた際に楽しめる遊びもご紹介します!

この記事をかいた人

春夏秋冬を問わず、アウトドアが大好きです! 皆さんにお役にたつ情報をどんどん発信していきますので、よろしくお願いします!

バーベキューを子供と楽しむためのコツ-事前準備がポイント- 

小さな子供たちを連れたファミリーキャンプでは、子供たちが動き回る中で食事の準備するのは大変です。当日のバーベキューをスムーズに楽しむためには、調達した食材をあらかじめ下ごしらえしておくことがポイントです。

食材はあらかじめカットしておく

野菜などの食材は、当日現地についてから洗ったり切ったりすると、準備にかなり時間がかかります。前日にカットできるものはカットしておきましょう。焼き肉用や焼きそば用など、メニューごとの大きさにカットしておくと便利です。そして、食材ごとに保存袋に入れて持っていきましょう。

食材を漬け込んで置けばあとは焼くだけ!

肉類や魚介類は、買ったときについてくる発泡スチロールのトレイなどを外し、下味をつけて食材ごとに保存袋に入れておくと便利です。そのまま焼くだけなので手軽なうえ、しばらく漬け込んでおくことでとても美味しくいただけます。

火や道具を使わずに食べられる前菜などを用意

バーベキュー場に着いて火をおこすまでの時間、子供たちを退屈させないように、火や道具を使わずに食べられる軽めの前菜があると間が持ちます。お皿に盛るだけで食べれるようなものを保存袋に入れて持っていきましょう。

バーベキューを子供と楽しむためのコツ-注意点-

大人だけのバーベキューとは違い、子供を連れて行く場合は子供が安全にバーベキューを楽しむことができるよう、大人がしっかりと注意するべき点があります。とくに注意する点は次のような項目になります。

食材はしっかりと火を通すこと

肉類や魚介類が半焼け状態だと、とくに抵抗力が弱い小さな子供はすぐにお腹を壊してしまいます。バーベキューは火力が強くなると表面だけに焼き色がついて中身は焼けていない、というケースが多くなります。中までしっかりと火が通っていることを確認してから、子供に食べさせるようにしましょう。

子供から目を離さないこと

バーベキューに限りませんが、子供の事故は大人が目を離したわずかな隙に起こることが多いものです。バーベキューに子供を連れて行くときは、子供を事故から守り、安全に楽しむことが大切です。

バーベキューは、食事の準備や片付けに集中したり、お酒を飲んでおしゃべりに熱中してしまったりと、子供から気が離れてしまう可能性が高くなる遊びです。どんなにわずかな時間でも、子供から目を離さないように注意しましょう。

お肉はどれぐらい必要?大人と子供の量の目安

NEXT お肉はどれぐらい必要?大人と子供の量の目安