ワークマンのウィンドブレーカーのシーン別おすすめをご紹介!魅力や選び方も

巷で話題のワークマンのアイテムからウィンドブレーカーを紹介します。高機能で低価格のコスパの良さに加え、これまでのイメージを覆すおしゃれさとかっこよさで大人気。冬場から春先にかけても大活躍するワークマンのウィンドブレーカーについて魅力とアイテムを徹底紹介します!

この記事をかいた人

少しでも皆さんの釣りライフが充実するよう全力を尽くします!よろしくお願いします。

ワークマンってどんなブランド?

いきなりワークマンのウィンドブレーカーと言われてもピンときませんよね。しかも突然ワークマンと言われても、そもそもどんなブランド?と思う読者の方もいらっしゃると思います。ここでは大前提の基礎知識をお教えしますので、知識がまだない方でお時間に余裕のある方はぜひお読みください!意外と知らない面白い知識もあるかもしれません!

ワークマンの歴史①

ワークマンの歴史は1980年から始まります。当時のいせやの1つの部門として、群馬県伊勢崎市内で「職人の店」としてオープンしたのが始まりでした。職人の店として誇りを持ち、地元のかたに愛されるお店として始まったのです。そしてそのあと1982年には株式会社ワークマンとして会社が設立され、ワークマンの歴史は始まったのです。

ワークマンの歴史②

その後は1988年に100店舗、92年に200店舗、97年には300店舗の開店が達成されました。またこの年には後のJASDAQにも登録し、大企業として活躍の場を広げてきています。ここからは特に作業着としての市場価値を高め、今ではワークマンというブランドを知らない方の方が少ないほどの企業に成長しました。

実際にワークマンの製品は今回ご紹介するウインドブレーカーの爆発的なブームの前から日曜大工を行うお父さん世代から非常に高い人気を誇っていたのです。

ワークマンの特徴

そんな歴史を持つワークマン 。現在では「働く人のためのコンビニエンスストア」となることをコンセプトに、日本中のカスタマーに非常に人気があり支持されているブランドとなったのです。

実際、先ほどもお伝えいたしました通りDIYを趣味とするお父さんの世代や工場での作業が中心となる企業からは特に絶大な支持を集めており、その市場価値は高まる一方となっています。

ワークマンの製品ってどんなものがあるの?

では、そんなワークマンではどんな製品が取り扱われているのでしょうか。もちろんウィンドブレーカーも取り扱っていますが、そのほかにも作業服や防寒着、安全靴に長靴、レインスーツを取り扱っています

この見出しの中では特にワークマンの製品の事やウインドブレーカーそのものに関する様々な知識に関してお伝えしていきます!しっかりついてきてくださいね!今回はその中でもウィンドブレーカーに焦点を当ててご紹介していきます!

ウィンドブレーカーとは改めてどんなもの?

ウィンドブレーカーとは、風による体温低下を防ぐ防寒着を指しています。山登りや外出の際、小雨がパラパラとなっている時などなど…体温の低下や身体が濡れることを防ぐための服なのです。

私たち普段mウインドブレーカーというとペラペラの記事の物を想像してしまいますが、実際には薄いか厚いかはあまり関係なく、「防水、防風、防塵」などの機能を持つ衣服を指している場合もあるのです。

素材は薄手のナイロンが中心

NEXT 素材は薄手のナイロンが中心