ワークマンのウィンドブレーカーのシーン別おすすめをご紹介!魅力や選び方も

素材は薄手のナイロンが中心

ウィンドブレーカーの素材はナイロンが中心です。理由は防水性や撥水性、防風性、そして耐久度が高いためです。逆に言えば、ウィンドブレーカーで綿などの柔らかく吸水性のある素材を使っているものはほとんど存在しません。

こすれるとシャカシャカと音がする、といった素材の特徴を持っています。またナイロンで作ったほうが本体の重量が非常に軽くなり、この点でもナイロンが中心となっています。

スポーツ・カジュアルの万能ウェア!

上述の通り、ウィンドブレーカーは風や水を通さず、且つ非常に軽いことが特徴です。この特徴は特にスポーツに向いており、クライミングや山登り、各種スポーツのウォーミングアップ用として重宝されています!

さらにその奇抜なデザインや色合いはファッションとしても利用され、バリエーションの多い選びがいのあるアイテムとなっているのです!

ワークマンのウィンドブレーカーがいまアツい!

そんなウインドブレーカーですが、現在はとにかくワークマンのウインドブレーカー人気が高いのです。ここからはそんなワークマンのウインドブレーカーに焦点を当ててお話をしていきましょう!まずはウインドブレーカーを多く扱っている「ワークマンプラス」に関してお話をしていきます。

そのあとでいったいどこがそんなにも人気なのか、に関して焦点を当ててご紹介していきます!しっかり読んでからワークマンの製品を検討してみてください!

新店舗ワークマンプラスは大盛況

ワークマンプラスという店舗をご存知でしょうか。このワークマンプラスは、簡単に言えば「おしゃれなワークマン」の路面店です。従来のワークマン店舗では作業着が主な商材として扱われていました。

しかし今回ご紹介しているワークマンプラスは作業服などではなく、「アウトドアブランド」として開店しています。実際に販売されている商品はすべてアウトドア用品となっており、ウインドブレーカーに焦点を当てたお店であることは言うまでもありません。

ワークマンプラスはどこにあるの?

おそらく読者の皆様はすでにワークマンプラスに行きたくて仕方なくなっていることと思います。そんなワークマンプラス、実は店舗数は4店舗しかないのです。一号店が立川、2号店は川崎中野島、三店舗めはららぽーと富士見、4号店は等々力です。

こちらの4店舗は連日大盛況となっていますので、特に休日などご家族でお出かけになる際は混雑を覚悟で出かけましょう!それでもワークマンのウインドブレーカーが手に入るので、気合いを入れて伺ってみてくださいね!

おしゃれさとコストパフォーマンスで大人気

そんなワークマンプラスですが、開店当初から本部も驚くほどの大盛況となっています。実際に一号店としてオープンした立川店では初日から大盛況となり、レジ待ちの時間は30分以上、平日の売り上げは50万円、休日では100万円となったということです。

やはり高機能で低価格であることは非常に重要で、特に20代の女性などからは人気となっているのです。これまでの歴史ではワークマンはあまりオシャレを追求していませんでしたが、この大盛況をきっかけに方針を転換する形となったのです!

ワークマンのウィンドブレーカーの魅力と選び方

それではここからはワークマンのウインドブレーカー本体に焦点を当てていきます。特にその魅力や選び方に関してご紹介していきます。ただでさえ人気なワークマンは、本当に多種多様なウインドブレーカーや各種ウェアを取り揃えています。その機能や各特徴をしっかり理解して、あなたにぴったりなワークマンのウェアを見つけましょう!

使用シーンや機能・性能で選べる

まずはやはり使用シーンや機能性で選ぶことができます。おしゃれも大事だけど、トレーニングやランニング、部活動や様々なスポーツを行うという方は機能性や使用シーンを考えると一気に選択肢が狭まるはずです。

例えばランニングの際に重くて手足が窮屈なウインドブレーカーではランニングが捗りませんよね。またバイク用であれば、頑丈なことやしっかりとした防風、防寒ができているか、と言った観点で選ぶことができるはずです!

NEXT おしゃれさ・デザインでも選べる