8分違いのパラレルワールドは実在する?行き方や信憑性について紹介

ニセ硬貨事件の真相は?

kschneider2991 / Pixabay

実はこの1万円硬貨というのは現実に作られていたことがあり、天皇陛下の御在位60年記念の際や2002年のFIFAワールドカップ記念、また2005年に開かれた万博博覧会記念などなど、制作されている機会であれば何度かあったのです。しかしその年に作られたものは無く、外国で作られたかなどが考えられます。

8分違いのパラレルワールドはどんな世界? 

geralt / Pixabay

今回ご紹介する違った世界がいつどんな事件で世間に広まっていったのかをご紹介しました。続いては、前述の見出しの冒頭で簡単にご紹介した、今まだ明らかにはなっていないこの別世界について詳細を見ていきましょう。

8分違いのパラレルワールドは死後の世界?

TheDigitalArtist / Pixabay

ご紹介している並行正解というのは8分だけ現実の世界とずれている世界であるとご紹介しましたが、他にその世界は生物が死んだ後に行く地獄や天国に代表されるような死後の世界なのではないかともされています。今この世界を生きている私たちには知覚が不可能な死後にのみ分かる世界なのではないか、ということです。

なぜ8分なのか

JESHOOTS-com / Pixabay

個々と違う場所があるのかないのかが議論されていることはまあ分からなくはないとして、ではなぜ今回紹介している並行世界は8分の違いが生じているのでしょうか。これは具体的に何故8分だけ違うのかというのは明言されていませんが、少なくともどちらかの世界では1時間は52分で数えられているということが定義づけられています。

8分違いのパラレルワールドはこちら側の世界を認識している?

blueberrykings111 / Pixabay

その異なった世界というのは私たちがいるこちらの現実世界のことは認識しているのでしょうか。これについてはそこに行ったことのある人、もしくはその住人であるという存在にしか知覚しているのか否かなどは分かりませんが、こちらの世界とあちらの世界を行き来した方は少なくとも間違いなく認識しているでしょう。

他にも並行世界の存在を支える説が

geralt / Pixabay

死後の世界だけでなく、他にも現実でない場所の存在を支えている説があります。例えばビッグバンで生まれるはずの宇宙と現在の中では総量が少なすぎるために、地球の中身が空洞でその中に別世界が存在しているのではともいわれています。

8分違いのパラレルワールドに行った人はいる?

Fotorech / Pixabay

ここまで現実には無い別の場所についてどんな世界なのかや噂が広まっていった事件などをご紹介しましたが、果たして真偽のほどはどうなのでしょうか。それを決定する一因として、その異世界に実際に行ったことのあるという人たちの経験談をいくつかご紹介しましょう。

8分違いのパラレルワールド体験談①

Capri23auto / Pixabay

例えば、ある建物の地下にある扉を開けてみたところ明らかにそこからは繋がっていないであろう外の世界、つまるところはこちら側ではない世界の屋上へと繋がっていて、1時間が52分しかなかったというものがあります。複雑な造りをしている集合住宅などはこういった別世界へとつながりやすいのだとか。

NEXT 8分違いのパラレルワールド体験談②