8分違いのパラレルワールドは実在する?行き方や信憑性について紹介

現実世界と並行して存在すると言われている8分違いのパラレルワールド。現在もその存在に対し「存在している」「ガセネタだ」といった様々な論争が繰り広げられています。そこで今回は8分違いのパラレルワールドに行った人の体験談や行き方、ガセネタの真相について紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

パラレルワールドとは

qimono / Pixabay

小説やSF作品などでは様々な形で見られる現実とは違う世界。あまりそういった創作物に興味のない方にとっては具体的にはどんなものなのか分からないかもしれません。ということで、まず最初にこの異なる世界がどんなものなのかということについてご紹介していきましょう。

現実と並行する世界

asmuSe / Pixabay

ご紹介する世界というのは、簡単に言えばいま私たちが近くしている世界とは別に存在している世界のことを言います。別の言い方では並行世界であったり平行宇宙などとも故障されることがあり、総じて私たちのような普通の人間には存在すること自体が知覚できず本当にあるのかどうかは明らかになっていません。

タイムトラベルとの関係

O12 / Pixabay

並行世界というとほぼSFなどの創作物の中の存在として広く世の中に知られていますが、同じく現象としては知られていても実際にできるかどうか定かではないタイムトラベルというものがあります。タイムトラベルとは今現在と違う時間帯に行くことで、そこで本来とは別の選択をすると別の世界ができるとも言えるのです。

パラレルワールドを行き来する者

pixel2013 / Pixabay

そして、そんな夢物語のような世界と私たちの今いる現実世界を行き来している人物というのが都市伝説レベルで存在しています。例えば現実の世界よりも数年ほど先の未来を進んでいる並行世界から来たと証言をする女性がいたり、トレドという現実には存在しない国から来たというビジネスマンがいたり、です。

8分違いのパラレルワールドの存在

Free-Photos / Pixabay

簡単にこの世界とは違う場所についてご紹介しました。そして今回ご紹介するのは、それらと同じく異なる世界です。どうして8分違いのという言葉が頭にきているのでしょうか。その意味にはどんなものが含まれているのでしょうか。続いてはそんな世界についてご説明していきます。

この世界が広まったキッカケ

Brett_Hondow / Pixabay

まず紹介している世界というのは現実と他世界が遅くも早くも違わず純粋に8分ずれた世界のことで、これはマイナーな研究者が唱えだしたというわけでも言ったことがあるという人物が声を大にしていい出したというわけでもなく、現実に起きた1つの事件をきっかけに知られたのです。

ニセ硬貨事件とは?

DizzyRoseblade / Pixabay

それが、2019年現在から2年程前にさかのぼる2017年の3月14日に、東海地方の派遣社員だという男が離れた北海道にあるコンビニの中で一万円の小銭などという現在作られているわけがないものが使用され逮捕されたというニュースがあります。そこには存在していない、「昭和65年」という文字が刻まれていました。

ニセ硬貨事件の真相は?

NEXT ニセ硬貨事件の真相は?