ピエロ恐怖症って何?その原因や診断方法・克服方法をご紹介します!

ピエロとは、サーカスなどでお客を盛り上げる存在として知られています。しかしその風貌からピエロ恐怖症となってしまう人も多数存在します。ピエロ恐怖症の原因とは何なのか?診断方法はあるのか?この記事ではピエロ恐怖症について解説します。

この記事をかいた人

彼にはもう八十四日間も一匹の魚も釣れない日続いていた。 釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。

道化師には種類がある

道化師と言えば、よく聞かれるところでは、クラウン、ピエロ、ジョーカーといったところでしょうか。道化師という単語は英語でクラウンといいます。ここでは、クラウンというカテゴリーの中でのクラウン(サーカスクラウン)、ジョーカー、ピエロの3種について述べていきます。はたしてそのメイクや風貌はどのような違いがあるのでしょうか。

クラウン

カテゴリのー中でのクラウンとは、たいがいはサーカスに出てくるクラウンを指すことになると思います。一般的に、いろんな色を取り入れた派手な恰好をして、赤い鼻をしています。また、サーカスでの役回りは間抜けな役などして人々を笑わせるのを担当しているものが多いです。

ジョーカー

ジョーカーは、中世の支配者達によって雇われている道化師です。なので、見た目も中世を思わせる格好をしてるものが現代でも多く、服装の色に関してはヴィヴィットな色やまだら模様のものを纏い、変わった帽子を被っているスタイルのものが多いです。また、ジョーカー達は中世ではどちらかというと言葉で笑いをとっていました。

ピエロ

ピエロとは日本では前述のクラウンを指すイメージがありますが、本来は無言演劇の中で生み出された役であります。その劇中で笑いの中にもの悲しさやミステリアスさを併せ持つ存在です。見かけは、衣服も含めて真っ白で、ときおり目の下に涙が描かれています。ピエロの白さは、死者の冷たい感じや無実を連想させる効果を促します。

ピエロ恐怖症とは

皆さんはピエロ恐怖症という言葉を聞いたことがありますか?ピエロ恐怖症と言われてますが、一般的にはピエロだけでなく広義の意味で道化師を見た時に恐怖を覚える恐怖症の一つです。ここでは、もう少し掘り下げて解説していきたいと思います。

アメリカではサーカスが身近

特にアメリカではサーカスは身近なもので、幼少期から道化師と対峙している子供は少なくありません。幼少期の人は、さまざまなものに好奇心や恐怖心をいだいたりします。時には、道化師の恰好をした人をさまざまな娯楽で悪役として目にすることも多いです。なので、アメリカの方の場合、ピエロ恐怖症を抱えている方は少なくないようです。

不安障害とは異なる

ピエロ恐怖症は、基本的には精神科医の治療を受けるような不安障害には分類されるものではありせん。不安障害とは、不安が強く、実生活においてさまざまな支障をきたす程度のものを言います。ピエロ恐怖症は、高所恐怖症と対人恐怖症等と似たような位置づけにあり、その程度や背景によっては医学的に恐怖症と診断される場合もあります。

トラウマに酷似している

NEXT トラウマに酷似している