釣りのリールの種類はこれだけ!各リールの特徴や向いている釣りまで

竿に糸を巻き付け釣りあげる「リール」には、海・河・池と様々な処に生息する魚に合わせ、それぞれ適切なリールがあります。 魚と直接つながる重要なリールについて種類・特徴・選び方・向いている魚種を紹介いたします。各リールのお勧めもまとめたので今後購入の参考にしてください。

この記事をかいた人

OutDoor大好き! 暑い夏も寒い冬も外へ飛び出そう!! 海に山に河にと、キャンプ・フイッシングをメインに飛び出し 猪突猛進にGetした新鮮ネタを、日本海新潟から”takさん”(沢山)アップしています。

釣りのリールを選ぼう

もしあなたが初めて釣りをする方で、”さぁ、魚釣りをしよう!”と思い立ち釣り具店を覗いてみたらリールの豊富な種類に驚くことでしょう。きっと、店員さんが優しく教えてくれると思いますし、これからこのサイトでも優しく説明していきますので、初めての方から玄人の方まで改めてリールについて学んでいきましょう。

リールとは釣り糸を巻くための道具!

竿先に直接糸を結ばずリールを用いることにより、遠投により遠くまで仕掛けを飛ばせ岸壁や砂浜からでもより多くの魚が釣れますし、船から釣る場合は糸長さの許す限り場合によっては深海魚がいる深さまで落とし込むこともできます。

また、魚がヒットした際もリールへ糸を巻く強さ(テンション)を調整しアタリが分かることにより釣りの醍醐味を味わえます。大きな魚が釣れてしまった場合に糸が切れたり竿が折れたりするのを防止してくれるのもリールの重要な役目です。そんな大物をあげてみたいですね。

リールには様々な種類がある!

リールは糸を巻き取る箇所(スプール)が竿に対して縦巻きか横巻きかに分かれ、構造や用途から大きく分けて下記の4種類に分かれます。

  1. スピニングリール
  2. ベイトリール
  3. 両軸リール
  4. フライリール

それぞれの種類毎に、使い方や構造の特徴(メリット、デメリット)、特徴を生かした適切な場所・どんな魚を釣るのに適しているのかといったことから、ぜひお勧めしたい代表的アイテムまで、広く紹介していきます。

釣りのリールの選び方

最近の釣りブームもありショップに行くとデザインや色も豊富で迷いますが、仕組みを把握してこそ選び方がわかってきます。ロッドと仕掛けがセットで販売されてるのも魅力的ですが、まずは選び方の基本を抑えましょう。

まずは「スプール」といって釣り糸を巻き取る箇所がありますが、使用する糸の太さや種類(だいたい、ナイロン糸かPEライン)、後は巻く長さによって形状や太さも決まってきます。また「ドラグ」といって魚や根がかりでリールに一定の負荷が掛かった際にラインを送り出すブレーキの役割をする機能がついてます。

リールの番手について!

様々な条件により番手が確定し、リールを選ぶ際には重要です。大きいほど太いラインを巻きハイパワーです。おおよそ、1000~2000番(アジなど小魚)、2500~3000番(シーバス、ヒラメ、アオリイカ等)、4000番~(ハマチやブリ等の大型青物)が狙いとなります。最初は、2500番か3000番辺りがお勧めです。

リールは釣りの種類によって変わる!

何を釣るか?どこで釣るか?等、釣りの種類により使用するリールが分かれます。魚体でいうと大きなカジキレベルからワカサギまであるし、使用場所ではたとえ同じ海でも砂浜・堤防・舟など釣るポイントで使用するリールも変わってきます。

釣りルールの種類をご紹介 | スピニングリール

値段もお手頃ですし構造もシンプルで、釣りを始めたばかりの方にも扱いやすくオールマイティなのがスピニングリールです。仕掛けは生エサからルアー釣り。釣るポイントは砂浜、堤防、岩稜等の海から、池・河等どこでも気軽に使用できます。

スピニングリールの特徴

NEXT スピニングリールの特徴