シャッドテールのおすすめ15選と使い方!バスからソルトまで大活躍!

シャッドテールは魚を模したワームの一つで、アピール力が強いことからバス釣りを始め、ソルト(海釣り)の場面でも使用されています。圧倒的人気を誇るシャッドテールは様々なメーカーから販売され、アイテム数は年々増えています。この記事では厳選したシャッドテールと使い方を紹介します。

この記事をかいた人

アウトドア全般、特に料理に関する分野を得意としています。 今後とも楽しい、有益な情報発信を心がけていきます!

目次

シャッドテールとは

ワームでありながらルアーフィッシングの楽しさも味わうことができるシャッドテール。見た目も様々ですが、その多様な形によってワームが受ける水流も変化に富み、様々な振動や動きでターゲットの魚にアピールすることができます。

シャッドテールはワームの種類の名前

シャッド=小魚という意味合いがあり、その名の通り小魚に似せた釣り用ワームのことをシャッドテールワームと呼びます。同じシャッドテールでも淡水、海水、ターゲットの魚によって色や形、大きさが異なり、フック(リグ)との組み合わせによって様々なアピールを実践できます。

シャッドテールの形状

小魚を狙うフィッシュイーター向けのワームで、基本的には尾が胴体に対して垂直に近い角度で配置されており、水の抵抗を受けて小刻みもしくはランダムに振れながら泳がせることを目的にしたものを指します。「千鳥足」という言葉がありますが、「どれだけ千鳥らせるか」を重要視している人も多いです。

シャッドテールは魚を誘う魅力がいっぱいある

シャッドテールはフィッシュイーターを惹きつける要素を追求し作られ続けています。本物の小魚に見える動き、水中でも充分なアピールを発揮する色合いや光沢などもあり、藻のある岩場などで岩肌にコツンと当てながら巻くことで、小魚が食事をしているようにも見せることなど自由自在です。

シャッドテールの使い方

いかに格好の餌食に見せるかがシャッドテールの基本的な目標となります。カーリーテールのようなヒラヒラしたテールが無いため根掛かりの心配が比較的少なく、より狭い隙間に入り込んで岩場や穴場を攻めやすいワームでもあります。目的によってリグとの組み合わせも異なります。

シャッドテールに向いている釣り

フィッシュイーターを狙うのはもちろん、やはり淡水であればバス釣り、海釣りはシーバスやヒラメがよく狙えます。ルアーフィッシングと似たエキサイティングっぷりがあり、尚且つワームの食いつきの良さを兼ね備えているので、シャッドテールなしではやっていけないという人も大勢いらっしゃいます。

シャッドテールはジグと一緒に使うと効果的

金属製の錘やルアーを「ジグ」と呼び、シンカー性能も兼ねてシャッドテールと組み合わせる方法も人気があります。錘と針が一体になった「ジグヘッドリグ」や、ラバージグと組み合わせた「スコーリング」などが有名です。

ジグヘッドリグ

ヘッドに重心が集中するため、ただ巻き(リールを巻くだけ)だけでヨロヨロと泳ぐ小魚を演出できます。コツは一定速度で巻いてシーバスを惹きつけることにあります。ジグヘッドの重みとシャッドテールの振動で格好の餌食を演出することができます。

スコーンリグ

フットボール型のヘッドを持ったラバージグとシャッドテールワームを組み合わせたものです。水面や水底ではなく中層を泳がせるように使うことから、「スイミングジグ」という呼び方もあります。小刻みに振れながらのヒラヒラアピールは存在感抜群です。

シャッドテールはノーシンカーがおすすめ

NEXT シャッドテールはノーシンカーがおすすめ