トーチバーナーで絶品料理を作ろう!おすすめトーチバーナー8選とレシピを紹介

トーチバーナーの種類

バーナーにも用途に応じて、カセットガス式、充填式、OD缶式など、いろいろな種類があります。それぞれどのような場面で使いやすいのかメリットがあるので自分に合ったものを用意しましょう。

カセットガス方式のトーチバーナー

よく家庭で使用されています。カートリッジ式のガス缶を使用し、スーパーなどで手軽に入手することができます。ガスコンロで使用するガスボンベをそのまま使用できます。ただし他のトーチと比較すると火力が少し弱く外気温にも影響されやすいです。下向きに使用すると液体のガスが出てしまいます。

100円ライターを使ったトーチバーナー

今では使い捨ての小型ライターをセットするだけで簡単に使用できるものもあります。面倒な準備も必要なくコンパクトなどで少しだけ使いたい、といった時に活躍します。花火などを扱う際にも便利です。通常のライターだと、400℃ほどですが、トーチを取り付けると1300℃になります。

充填式トーチバーナー

ガストーチ本体に直接ガスを注入して使用します。外で使用する際はガス缶を持ち歩かなくても良いので荷物を減らせます。ジッポライターのようなイメージです。ただし、ガス容量が大変少ないので、火起こしなど燃やし続けなければならない場面では不向きです。ライター代わりや、炙り専門でもっていくと良いでしょう。

OD缶方式のトーチバーナー

スーパーではなく、アウトドア専門店などで購入できるガス缶を使用します。カートリッジ式と比較すると火力が抜群に良いので炭を素早く燃やすことができます。また下向きにしても問題なく使うことができます。外気温にも影響されません。ただ、交換するガス缶はその辺には売っていないので、その点は不便です。

おすすめトーチバーナー8選!

様々な対応のものがありますが、オススメの商品についてご紹介します。まだ何ももっていないという方や、追加購入を検討している方はご参考にどうぞ。それぞれの魅力についても説明します。

岩谷 カセットガス トーチバーナー CB-TC-O

カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

Amazonで見る

バーベキューで大活躍!スタンダードな商品

すぐに使用できるカセットガスが付いています。パワフルな集中炎で、炭の着火も素早いです。ガス調整もできるので場面に応じて使い分けすることができます。交換も半回転するだけなので、初めての方でも簡単です。

スペックor 詳細

  • 炎温度(℃):1400
  • 燃焼時間(分/缶):110
  • 発熱量(kcal/h):1600
  • 高さ(mm):250 奥行(mm):71
  • 使用ガス:LPG(液化ブタン)
  • 最大発熱量1.8kW
NEXT SOTO ヒーター&トーチ SOTO ポケトーチ