バーベキューコーデ全30選|メンズ&レディース春夏秋のおすすめ!

バーベキューでのコーデ・服装は何歳になって悩むもの。今回は夏以外にも、春や秋のバーベキューでおすすめなコーデをご紹介します。またママさんぽっちゃりさんにも注目してほしいアイテムもご紹介しますので、貴方好みのバーベキューコーデを見つけてください。

この記事をかいた人

小さい頃から自然の溢れるところで生活しているので、アウトドア大好きです。小さい頃から両親と一緒に釣りはもちろんキャンプも行っていました。

バーベキューコーデのポイント

バーベキューは、寒い時期以外だといつでも盛り上がることができる娯楽だと思います。共同作業で行うことで、友達や家族の仲も深まり、いい思い出になるでしょう。しかし、女性は特にコーデ・服装に悩まされると思います。まずは、コーデのポイントについて説明していきます。

露出は控えめにしよう

山や川付近で行うことが多いバーベキュー。夏は特に、虫に気を付けるためにも露出は控えめにしましょう。せっかくのいい思い出が、虫のせいで嫌な思い出にならないようにすることができます。また、準備から焼いて食べるまで結構動きます。女性の場合胸元が開いている服では、思い切って動くことが出来ません。

男性の場合も、露出を避けましょう。よく動くから暑くなるだろうと予想して、タンクトップなどのみでバーベキューをしてしまうと、朝晩の気温の差で体調を崩す可能性もあります。また、木の枝などで怪我をしてしまう可能性もあるのでタンクトップのみなどは避けましょう。

汚れても洗える素材を選ぼう

外で行うので服を汚す方が多いです。また、気分が高揚しいつもより少し無茶なことをして汚してしまうケースもあるようです。そんな時の為にも、洗える素材を選ぶのをオススメします。お気に入りの可愛い服を着て汚れてしまい、素材的に洗えなかったということにならないようにしたいものです。

夏は涼しく、冬は暖かいというとても優れてる素材である「絹(シルク)」は洗濯機で洗えないので注意しましょう。この素材は、手洗いが基本となります。帰って洗濯機で洗える素材や裾や袖の一部が少し汚れてしまった場合に、その場ですぐに洗えるような素材がいいでしょう。

機能的なアイテムでコーデする

オシャレをして楽しみたい気持ちも分かりますが、慣れない地面や土の上で作業することになるので機能的なアイテムを選ぶようにしましょう。立ったり、座ったり、かがんだりと意外と大変なことが多いです。そんな中、ミニスカートなどで行くと場違い感が出てしまいます。

また、夏場は帽子などの小物アイテムも一緒に持って行くといいでしょう。楽しさから体調不良に中々気づくことが出来ず、熱中症になりやすくなります。なので、季節ごとに必要なアイテムは必ず持って行くようにしましょう。

女性は注意「ヒールのある靴はNG」

オシャレは足元からという言葉があるように、女性は頭の先から足元までオシャレしたいというのが本音です。しかし、たくさん動くアウトドアでは、ヒールは避けた方がいいです。長時間動いていても疲れないと言われているヒールも、慣れない地面では疲れてしまうことが多いです。

また、1人がヒールだと周りの友達や家族が気を遣う可能性もあります。ふとした時に転んでしまいそうになったりと最悪怪我に繋がります。今ではオシャレなスニーカーも販売されているので、スニーカーやヒールのないタイプの履物がいいでしょう。

バーベキューコーデのおすすめ10選|春

それでは早速、バーベキューコーデをご紹介していこうと思います。まずは、日中は快適な気温でアウトドアが楽しみやすい春物からご紹介していきます。しかし、寒暖差が激しい時期でもあるので注意も必要です。

【メンズ】薄手のスウェット

春先はまだまだ寒暖差があり、寒いときがもあります。そこで、薄手のスウェットが万能でオススメです。この写真のようにウェットにはオシャレなものがたくさん販売されています。様々な色がある服ですが、白系やグレーなど汚れやすいスウェットは避けた方がいいでしょう。

このコーデは、パンツとスニーカーを落ち着いたデニム色と黒色にすることでスウェットのグリーンが引き立っています。また、このグリーンは光が当たると綺麗な色になるのでオススメの色です。そして、デニムの裾を曲げて靴下の白を見せることで差し色になってオシャレ度が増しています。

【メンズ】スキニーパンツ

NEXT 【メンズ】スキニーパンツ