キャンドルランタンでキャンプをもっとおしゃれに!おすすめ24選をご紹介!

ランタンはキャンプの必需品。雰囲気抜群のキャンドルランタンが加わればキャンプもぐっとグレードUPします。揺らめく炎が照らす漆黒の闇は雰囲気抜群で至極の世界。そんなリッチな体験を貴方にも体感していただきたい。今回はおすすめの18選を紹介していきます。

この記事をかいた人

BBQが好きで毎年家族や友達とわいわいやっています。私の書いた記事が皆様のアウトドアライフに少しでもお役に立てればうれしいです。

キャンドルランタンとは?その魅力は揺らめき

jill111 / Pixabay

貴方はキャンドルランタンを使ったことはありますか?蝋燭の炎の揺らめきを眺めていると癒されますし、心がリラックスできます。今回はキャンドルランタンの魅力について紹介していきます。

キャンドルランタンはろうそくに火を灯す照明

Myriams-Fotos / Pixabay

キャンドルランタンはその名の通り、蝋燭に火を灯す照明です。ランタンにはガスやLEDなど、他にも様々な種類があります。蝋燭を使うものは、ガスやLEDとは違う独特の温かみがあります。

優しい炎の揺らめきは、焚火を囲んでいるかのような風情を満喫できます。キャンプのランタンの種類と選び方についてはこちらの記事で詳しく紹介されているので、是非参考にしてみてください。

キャンドルランタンの魅力は炎の揺らめきでリラックス

キャンドルランタンの最大の魅力はその炎の揺らめきでリラックスできることです。キャンプや登山などのアウトドアではもちろん、自宅用としても使えます。これがあると、キャンプや自宅のムードをぐっと盛り上げてくれます。

また天然由来のハーブであるシトロネラが配合されたものを使うと虫除け効果もあります。キャンプの虫除けグッズと虫除け対策についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。是非参考にしてみてください。特にアウトドアで虫にお困りの方は必見です。

キャンドルランタンは取り扱いも簡単

LTapsaH / Pixabay

キャンドルランタンは燃料として固形の蝋燭を使うので、取り扱いも簡単です。ランタンの中にセットして使うので、直接炎に触れる心配もありません。点火や消火も簡単にできます。蝋燭が短くなるとスプリングが上がってくるので、一定の高さと明るさを維持できるのも特徴です。

キャンドルランタンを使うときの注意事項

annca / Pixabay

次にキャンドルランタンを使う時の注意事項について紹介します。火を使うのでくれぐれも取り扱いには注意しましょう。取り扱う時は火傷しないよう注意して楽しみましょう。終わったらしっかり火を消すのを忘れないでください。

キャンドルランタンはテントの中では絶対禁止

guvo59 / Pixabay

冬に暖を取る意味でも重宝しますが、テントの中では絶対に使わないでください。それ自体が熱を持ち温度が上がるので、テントのシートのような可燃性素材に付けると火事の原因にもなり大変危険です。

そして蝋燭が燃えると二酸化炭素を出すため、誤って火をつけたまま寝てしまうと一酸化炭素中毒の原因になり大変危険です。使うときは換気を十分に行いましょう。またテント内で使う時はLEDランタンを使いましょう。LEDランタンについては後程詳しく紹介します。

予備のキャンドルを多めに準備しておく

Myriams-Fotos / Pixabay

出発前には予備の蝋燭が残っているか確認しましょう。現地で燃料切れとならないように必ず予備の蝋燭は多めに持参しましょう。キャンプ場では売店がなかったり、近くにスーパーがないことも多いです。到着してから困らないようにしっかり点検しましょう。

使い終わったキャンドルランタンのロウを掃除しておく

NEXT 使い終わったキャンドルランタンのロウを掃除しておく