カラビナをおしゃれに使いこなそう!おすすめ35選をブランド別紹介!

カラビナは登山用として使われるアイテムですが、使い道がそれだけではもったいない!見た目もカラフルなカラビナを日常に取り入れて自分流にフル活用してみましょう!今回はカラビナをおしゃれに使う方法やおすすめ商品をご紹介します!カラビナってこんなに種類あるんですよ!

この記事をかいた人

アウトドアブランド好きライター。機能性や凝ったディテールだけでなく、デザインも優れたアイテムが好き。

カラビナとは

誰もが必ず一度は目にしたことがあるはずのカラビナ、元々何のために作られた物なのか、どのように使われるのかご存知でしょうか。ここではカラビナについての基本的な知識とともに、現在のカラビナの進化についてもお伝えしていきます。

登山に使われるアイテム

Pexels / Pixabay

カラビナは元々クライミングのために開発されたアイテムです。カラビナ開発前は、危険地帯での安全を確保するために自分のハーネスを通るロープの輪を一旦ほどき、岩場に打ち込んだハーケンに通す危険な行為が行われてきました。カラビナが開発されてからは、ハーケンとロープの輪を簡単に結びつけることができるようになりました。

登山用とアクセサリー用がある

カラビナは元々登山用ですが、最近では形、色、デザインなどおしゃれなものが出てきています。登山のように耐久性が求められるシーンで使用するには不向きですが、日々の暮らしに便利さをプラスする上に彩りを演出する、アクセサリー要素を持ったカラビナについて、登山をしない人からも最近注目が集まっています。

カラビナの種類を知ろう

あまり意識して見たことはないと思いますが、一口でカラビナと言っても色々な形のものがあり、その形状によってメリットデメリットがあります。アクセサリーとして身につけるとしても実用性はある程度は保ちたいものです。ここではカラビナの代表的な形状と、その特徴をご紹介します。

O型:スタンダードなカラビナ

楕円形であることからO型(オーバル型)と呼ばれます。実用的なシーンで目にすることが多いスタンダードな形のカラビナとなります。両端から力がかかる場合にこの形が向いていますが、おしゃれなカラビナとしてはこの形は見ることが少ないです。

HMS型:たくさんのものをつけるのに便利

HMS型についてはその見た目から洋梨型とも呼ばれます。カラビナの片側が広く取られていることによって、たくさんのものを引っ掛けたい(色々な方向に引っ張られる、荷重方向が広いとも言う)場合にはこの形が向いていると言えます。

D型:支点側がずれにくい

D型については、アルファベットのDに形状が似ていることからその名前で呼ばれています。D型の利点としては細くなっている側面に支点を引っ掛けるとカラビナの輪が回転せずずれにくい、ということが挙げられます。

ロック機能付き:外れるのを防ぐだけじゃない

NEXT ロック機能付き:外れるのを防ぐだけじゃない