ペニースケートボードに乗るなら必読!乗り方や5つの魅力を完全解説!

ペニースケートボードって聞いたことはあるけど、おもちゃじゃないの?いえそんなことはありません。ペニーはクルージングスタイルで風を感じながら乗るのにぴったりのスケボーです。今回はペニースケートボードの魅力からインチの選び方、そして基本的な乗り方をご紹介します。

この記事をかいた人

こんにちは!今までの経験をもとに皆様に役立つ情報をお届けすることに全力を尽くします!ぜひ、ご覧ください!

ペニースケートボード5つの魅力

ここでは、ペニースケートボードの5つの魅力について迫りたいと思います。ペニースケートボードは、現在では若者を中心に大人気を獲得したスケートボードです。スケートボードと似ていますが、違う点も多く、さらにデザインやカラーリングもポップなものが多いので、それらの点が若者にウケる大きな要因かもしれません。

①一般的なスケボーの約半分の軽さ

ペニースケートボードは、一般的なスケートボードに比べて軽くなっています。また、デッキの長さも格段に違います。一般的なスケートボードのデッキが長さ約80cmであるのに対して、ペニースケートボードはほとんどが55cmほどになっています。

重量に関しては、前者が約4kgほどで、後者が2kgほどということなので、ペニースケートボードは約半分ほどの軽さになっています。そのため、女性や子供でも楽々と持ち運べたり、使用することが可能です。また、スケートボードの入門としてもとても便利です。

②デッキがプラスチック素材で耐久性が高い

このペニースケートボードは使われている素材が基本的にプラスチックになっています。普通のスケートボードは木製のものが多いですが、このプラスチックを使うことによって耐久性が高くなります。プラスチックは、適度に曲がったりすることができる素材なので、簡単に割れてしまうことはありません。

③ソフトウィールで快適・速く走れる

ペニースケートボードには、基本的にソフトウィールが使われています。まず、ウィールとは、スケートボードの車輪の部分です。この部分にどのような素材のものを付けるかで、走り方が変わってきます。ソフトウィールとは、特殊な柔軟性の高いゴムで作られたウィールのことです。

このソフトウィールは、デコボコした道路などの荒れた場所でも、衝撃を吸収してくれます。この衝撃吸収により、スピードを落とすことなく、快適にボードを走らせることができます。特に、ペニースケートボードは、トリックなどをすることは想定されていないので、ソフトウィールの利点が最大限に発揮されます。

④自分好みの組み合わせができる

ペニースケートボードは、多種多様なデザインのデッキが存在しています。基本的にポップなカラーリングものが多いように思われます。さらに、デッキやウィールなどの部分ごとの部品も色んなデザインのものが存在しますので、部品ごとに自分好みのものを揃えてオリジナルにカスタマイズすることもできます。

⑤ダイエットにもなる

スケートボードにも言えることですが、ペニースケートボードはスケートボードよりも一回り小さく、乗りこなすには体幹の筋肉をかなり使うことになります。そのため、ペニースケートボードをスイスイ乗りこなす頃にはシェイプアップした理想的な肉体になっているかも知れません。

ペニースケートボードの歴史

ここでは、ペニースケートボードが如何にしても誕生したのかについて紹介したいと思います。現在では、若者を中心に大人気のペニースケートボードですが、ここまで至るにはどのような経緯があったのでしょうか。そして、スケートボードとは別物であるこのペニースケートボードはどのような発想から生まれたのでしょうか。

オーストラリアで誕生

NEXT オーストラリアで誕生