サーカスTC BIGはファミリーキャンプに大人気!その特徴や魅力をご紹介!

大人気テント「サーカスTC」シリーズに、大きなサイズの「サーカスTC BIG」が登場。その大きさからファミリーキャンプを楽しみたい家族の注目を集めています。「サーカスTC BIG」の特徴から快適なキャンプスタイルまでご紹介していきます

この記事をかいた人

初めてキャンプをしたのは30年前の学生の頃です。簡素なテントと雑な炭火、手が炭で汚れ、虫に刺されて、それでも最高に楽しい思い出です。それからスタイルが変わってもキャンプは今でも楽しんでいます。

サーカスTC BIGって?

サーカスTC BIGはアウトドアショップ「WILD-1」のオリジナルブランド「テンマクデザイン」から発売されているキャンプ用のテントです。全体が三角形となるフォルムで、ポール1本で設営できる、ワンポールテントといわれるものです。

名作ワンポールテント「サーカスTC」の新モデル

テンマクデザイン サーカス TC BIG

Amazonで見る

サーカスTCは近年のソロキャンプブームもあり、人気のあるテントです。ソロキャンプだけではなくペアキャンプでも十分な広さがあり、ご夫婦やカップルにも人気です。また一人で簡単に設営でき、三角形のフォルムが可愛く、女性にも支持を得ています。そのサーカスTCのサイズを大きくした新モデルとなるのが「サーカスTC BIG」です。

ビッグサイズでファミリーにぴったり

ワンポールテントは中心にポールがあり、裾部分は低くデットスペースになります。それを踏まえても広さはおよそ5メートル×5メートルと、家族4人が十分使用できる広さです。また、高さは3.5メートルは開放的で窮屈な感じを与えません。家族でのキャンプやグループキャンプにぴったりのサイズといえます。

冬もキャンプを楽しみたい家族が注目

サーカスTC BIGは冬のキャンプでも活躍しています。冬でも暖かく結露しにくい素材だからです。また、素材にコットンが入っているので燃えにくく、焚き火などの火の粉にも強いです。春夏秋だけでなく、寒い冬にも焚き火をしてキャンプを楽しみたいという家族におすすめです。

サーカスTC BIGとサーカスTCの違いは?

サーカスTC BIGは人気ワンポールテントのサーカスTCの新モデルです。床面が5角形で、横からの見た目は三角形をフォルムはあまり変わりません。しかし、その違いはどのようなところなのでしょうか?それぞれのスペックから比較検証していきます。

比較表をチェック

サーカスTC BIG サーカスTC
価格 49,800円(税別) 31,800円(税別)
サイズ 約520×520×H350cm 約420×420×H280cm
収納サイズ 約29×29×102cm 約Φ25×67cm
重量 約15,376g 約10,880g
素材 本体:コットン混紡生地(TC)
撥水加工済み、ポリエステル65%
コットン35%
裾部(スカート):ポリエステル
本体:コットン混紡生地(TC)
撥水加工済み、ポリエステル65%
コットン35%
裾部(スカート):ポリエステル
ポール スチール製 Φ35mm/350cm スチール製 Φ32mm/280cm
付属品 ポール、収納ケース、ペグ、
張り綱、設営用ガイドセット
ポール、収納ケース、ペグ、
張り綱、設営用ガイドセット

一番の違いは大きさです。サーカスTC BIGの方が床面の広さが幅、奥行き共に1メートルのほど大きくなっています。それにともないポールも太くて長くなっています。その他は見た目の形だけではなく、生地の素材や付属品も同じです。

広さ・高さの違いを図面でチェック

広さと高さを図面で比べてみました。図面で見てみると、サーカスTC BIGの方がかなり広々としているのがわかります。大人でも4人ゆったり寝られます。高さはどちらも2メートルを超えるので同じように思われますが、図面で見ると天井が頭に付かない部分の広さがわかります。サーカスTC BIGの方が立って活動できる範囲が広いのです。

サーカスTC BIGのオプションアイテム

NEXT サーカスTC BIGのオプションアイテム