話題のパンケーキ「ダッチベイビー」って何?おすすめレシピ20選

新食感で美味しいと話題のドイツ風パンケーキ「ダッチベイビー」はどんなパンケーキでしょうか?日本でも注目が集まるダッチベイビーは、アレンジいろいろ!簡単で美味しく楽しめるダッチベイビーレシピを20選ご紹介します!

この記事をかいた人

なんでも興味ありのマルチおじさん。父は鮎釣り大好きの釣り人でした。山が大好きです。

簡単美味しいパンケーキ「ダッチベイビー」ってどんなもの?

「ダッチベイビー」の特徴は何といってもオーブンで時間をかけて焼き上げるところです。しかもその生地は「ジャーマン生地」と呼ばれるドイツの特別な生地を使用します。でもドイツのパンケーキは大きすぎるので小さくしたようです。名前からもお判りと思いますが、「ダッチ」とは「オランダの」という意味です。

なぜドイツのパンケーキが「ダッチ」なのでしょう?理由はドイツ仕立てのパンケーキを小さくしたのでジャーマンではなく「ダッチ=オランダのパンケーキ」とネーミングしたようです。オランダはドイツより「小国」と考えたのでしょう。

ダッチベイビーの特徴は?

ダッチベイビーの特徴はまるでお餅のようにもっちりしていて、はっきり言って「今まで味わったことのない感覚」のというような食感です。一般に生地には厚みはなく、例えるならば「クレープ」を食べてるような軽~い歯ごたえが、誰にでも合うと評判です。おまけに「レモン水」や優しい甘みの砂糖がかかってて子供も大喜びです。それともう一つ忘れてはならないのは歯ごたえです。「もっちり」した感触がたまらないのです。

つまり「赤ちゃん=ベイビー」でも食べれる優しい味で、その特徴に願いを込めて「ダッチベイビー」と名ずけられました。つまり小さなお子さんでも喜んでいただける食べやすいパンケーキという感じです。

ダッチベイビーを作るために必要な材料

ダッチベイビーの生地は「卵」を通常の生地よりも多めに用います。そのため、その焼き上がりはふんわりしているけど、さくっとした食感で何か別のパンケーキのように感じます。したがって用意するのは、まず外せないのが「卵」です。スキレットという名の鋳鉄製フライパンがあればすぐに始めれます。

そして「薄力粉」も必須です。その卵を引き伸ばす「牛乳」と焦げ付かないための「バター」は塩分を含んだものを使います。あとはどんなパンケーキにするかで「トッピング」の内容は変わりますが、好きな果物や甘いクリームのどを用意します。

ダッチベイビーはアレンジいろいろ

ダッチベイビーの良いところは色々なアレンジを加えれるところです。新鮮なベリー類を用いたり、優しい甘さのジャムを使い本物のイチゴを極だたせたりして、デザート感覚のパンケーキにできます。またサラダ感覚で惣菜風に仕上げ、軽いお食事を作ることもできます。

オリーブオイルや豆乳等を用いヘルシーメニューをアレンジに加えたりもできます。その組み合わせは無限です。個性的なレシピも多く見られます。アレンジしやすいのでしょう。自分だけの世界に一つだけのパンケーキも可能ですね。

ダッチベイビーの名前はどこから来た?

最近になって翌日耳にするようになった「ダッチベイビー」は不思議な名前です。「オランダの赤ちゃん?」直訳するとなんだかよくわかりません。「ベイビー」は先ほどのお話の通り「赤ちゃんでも食べられる」という意味です。

アメリカから広まった「ダッチベイビー」

今アメリカでトレンディなパンケーキのお店「オリジナルパンケーキハウス」は1400以上のお店を持つチェーン店です。初めのお店は「ポートランド」で、日本では東京の吉祥寺店が第一号店となっています。人気はTwitterやFacebookなどでさらに広まり、ローソンやセブンイレブンのように誰でも知っているお店になっています。

本場はドイツなのに「ダッチ(オランダ)」の名前の理由 

ドイツならば「ジャーマン」ですがドイツのオリジナルのパンケーキは非常に大きく、一般的でないため食べやすくするために小さくしました。ドイツより小さなオランダの様だと「ダッチ」つまりオランダのパンケーキだということで「この名前ダッチ」がついたといわれていますが、ほかにも諸説があります。

日本でも大人気!ダッチベイビー元祖「オリジナルパンケーキハウス」

日本でも全国でこの「オリジナルパンケーキハウス」が出店されています。東京をはじめ九州、そして多くの流行の発祥地大阪にも出店がなされています。今後日本中での進出が見られることでしょう。

シンプルに楽しむダッチベイビーレシピ4選 

NEXT シンプルに楽しむダッチベイビーレシピ4選