飲ませ釣り仕掛けを徹底解説!究極の釣りで色々な魚をゲットしよう!

サーフから狙える魚

サーフから遠投を行う釣り方になります。遠投では届かないような遠くの沖を狙うのであれば、海に入りながら行う場合もあるでしょう。こちらの釣りではヒラメ・マゴチといったいわゆるフラットフィッシュが狙えます。

飲ませ釣りについて紹介

この釣りについて本格的な紹介に入っていきます。この見出しでは釣りのやり方といったものになりますが、文章だけだとイメージがわかないよ!という人のために動画も用意してあるので、そちらを見てもらえばイメージが湧きやすくなるでしょう。

飲ませ釣りについて①:釣り方

釣り方に関しては泳がせ釣りと一緒です。生きた餌を針につけて、そのまま餌の魚に好きに泳がせて魚を待つだけなので初心者にも行えます。餌はターゲットの魚によって変わりますが小アジが定番になるでしょう。また餌をつけるときには弱らないようにつけるのがポイントです。

飲ませ釣りについて②:場所

先ほども少し場所に触れましたが場所については特に決まりはありません。船・サーフなど釣りを行えるところであればどこでもできます。釣れる場所は対象の魚によって違いますが様々な場所で様々な魚が釣れます。

飲ませ釣りについて③:時期と時間

時期や時間が対象によって違いますが、一年中どんな時間でも何かしらの魚は釣ることができるでしょう。もしターゲットの魚を決めずに単に釣りを楽しみたいのであれば、釣りをしたいときにいつでもできるということです。

飲ませ釣りを動画で紹介

こちらの動画は餌をつけるところから魚を釣り上げるところまで一連の釣り方を確認できます。この釣りは遠投のように遠くへ投げる必要もありませんし、アクションを使って魚を誘っていないことが確認できるでしょう。また使っているタックルの紹介もありますので、参考にしてみてください。

飲ませ釣りの仕掛けを紹介

釣りで使用する仕掛けの解説です。この後の見出しからは4種類の仕掛けの紹介です。初心者の人には初めて聞く釣りの名前があるでしょうが、そこまで難しいものはありません。また釣りに活かせると違う角度から釣りが楽しめます。

飲ませ釣り仕掛け①:胴突き仕掛け

この仕掛けの特徴としてはオモリと道糸の途中でハリスがついていることでしょう。通常で使われている仕掛けは上から道糸・オモリ・ハリスという順番になっていますが、この仕掛けは道糸・ハリス・オモリの順になっているのです。

NEXT 仕掛けの詳細