おかっぱりって?釣りの前に必要なタックルをご紹介!バッグやルアーなど~

魚別、ユニットとしてのタックルの種類

狙う魚と場所によってタックルの組み合わせは異なります。

基本的にはまず攻める釣りと待つ釣りとに分けられ、攻めの釣りはルアー、待つ釣りは生き餌に大別されます。

攻める釣りでは状況に対応できるようにタックル一式を複数持って行き、状況によって使い分けます。例を挙げるとブラックバスが攻めの釣りになります。

待つ釣りはタックルは最初に決定したもののみを持って行き、一本勝負で行います。待つ釣りの例としてはチヌ釣りが挙げられます。

このように魚釣りには攻めるか待つかのどちらかで中庸がないため、釣りのスタイルは自然と釣りを行う人の性格に合ったスタイルが出来上がります。

攻めの釣りブラックバスと、待つ釣りチヌ釣りのタックルを簡単に説明すると次のようになります。

ブラックバス

投げ竿にスピニングリールまたはベイトリールのどちらかを付けてルアーで攻めます。

ただし、ブラックバスは繁殖力が強く、様々な条件の場所に生息しています。釣りの愛好者には嬉しいブラックバスですが、釣り場の条件が特定されない為、竿やリールなどの必要なタックル一式を複数の種類を持っていき、釣り場にあったものを使用します。

ブラックバスは針に魚がかかるのを待つ釣りではなく、積極的に魚をルアーで騙して釣る攻めの釣りですので初心者でも待つことなく楽しめます。

チヌ

チヌは基本的にチヌ竿にベイトリールを付けての攻め方になりますが、オモリやライン、針、餌は釣る人個人と場所によってかなり異なります。

チヌ竿は先が細いのでチヌ専用の竿でないとアタリがわかりにくいので必ずチヌ竿を使います。針もチヌ専用のチヌ針を使用します。

チヌ釣りの愛好家はチヌ釣り以外の釣りをしないこだわりのある職人気質な方の多い、難しい釣りです。初心者でも釣れないことはありませんが、経験者からアドバイスを受けるか、一緒に釣りに行って教えてもらいながら釣るのがよいでしょう。

チヌは針にチヌかかるのを待つ釣りですので、忍耐力がない人には不向きです。