太刀魚ワインドで爆釣!おすすめの仕掛けやタックル、しゃくり方のコツをご紹介!

最近、太刀魚の爆釣が狙いやすいと有名な太刀魚ワインドをご存知でしょうか?ワインドをすることで太刀魚の捕食本能を刺激させることでとてもよく釣れます。ここではおすすめの仕掛けや専用タックルなど、初心者の方に少しでも分かりやすいように紹介します。

この記事をかいた人

休日は友達と趣味で釣りに行っています。最近では海釣りや川釣りなどで釣った魚を友達と一緒に捌いて食べるのが楽しいです。

太刀魚が釣れると話題のワインドとは?

ジグヘッドを上下左右と広範囲に動かすため、魚側からの視線が入りやすく太刀魚の他にも幅広い魚類をターゲットにすることが出来る汎用性の高い釣り方で、多くの方が実践して太刀魚の爆釣に成功しています。

太刀魚ワインドとはエギングからヒントを得た釣り方

エギングのようにロッドを動かして太刀魚の捕食本能を引き出し、ガンガン太刀魚を釣る方法です。コツさえつかめば初心者の方でも簡単に大量の太刀魚を釣り上げるのも夢ではありませんので、今までの釣り方の印象がガラリと変わりますのでおすすめです。

太刀魚が食べる魚の動きに似ているワインド

ロッドを振るうように左右に動かす動きが太刀魚の好物である小魚(カタクチイワシ)の逃げ回る演出をしている為、捕食本能が刺激されてルアーに喰いつくとされています。今までは釣ることが難しかった太刀魚でも、ワインドでなら一瞬のチャンスを逃さずに釣ることが出来ます。

ワインドだと他にもどんな魚が釣れるのか?

基本的に青物の魚(サバ・サンマなど)やマダイやブリなども釣ることが出来ます。あまりワインドで釣ることがない魚でも釣り場によっては良く釣ることが出来ます。太刀魚以外にも使い道はたくさんあり、特に堤防からの釣りがおすすめです。

太刀魚が大量に釣れる時期と時間帯

太刀魚を爆釣を狙いたいのであればワインドだけでは狙うことは難しいです。大量に太刀魚を釣りたいのであれば、太刀魚の活性が上がる時期と時間帯を把握することが重要です。

太刀魚ワインドに向いているのは梅雨

太刀魚が大量に釣れる時期はエサとなる魚(カタクチイワシ)が接岸タイミングがベストです。一般的にはカタクチイワシは梅雨あたりの5・6月あたりが多く、そのエサを求めて太刀魚も増えてきます。

太刀魚ワインドにおすすめなのは夜間

そもそも太刀魚は夜行性で、日中に釣るのは少々難しい魚です。潮の満ち引きにもよりますがベストな時間帯としては日の出・日の入り前後の1時間か、太刀魚の爆釣を狙いたいのであれば夜間がおすすめなので是非チャレンジしましょう。

太刀魚ワインドの仕掛けを確認しよう

NEXT 太刀魚ワインドの仕掛けを確認しよう