アシストフックを自作しよう!作り方とおすすめの道具をご紹介!

アシストフックで気を付けるのは長さ

一番に気を付けるべきことは長さです。基本的にはメタルジグの1/3を目安にしましょう。前と後ろの針が絡まない長さが好ましいでしょう。短すぎるとアワセたときに深く刺さりすぎて身切れを起こしてしまいますし、長すぎた場合は針までの距離が長くなるためブレが大きくなりバラシの原因になるでしょう。

アシストフックの種類

シングルフック、ツインフック、トレブルフックの3種類があります。ターゲットや釣り場によって使い分けをし、釣果アップにつなげましょう。どんな釣りに適しているかは次で紹介していきます。

アシストフックの種類の選び方

先ほど述べたように、どのような基準で選べばいいのかをご紹介していきます。それぞれのフックの特徴を知ることで釣果アップにつながりますのでぜひ参考にしていただき実践に役立てて欲しいです。

シングルフック

1つのみの針に力が集中するため、アワセやすいのが特徴になります。針が一つのため、他の針との絡みやトラブルが少なくなるため扱いやすいくなるでしょう。青魚を狙うときはフロントに付けるとよいです。

ツインフック

一つの針で逃してしまった場合でももう一つの針がターゲットを捕らえる確立を高めてくれるのが特徴です。2つとも外向きにするとアワセやすくなり、内向きにすると根掛り防止に、針の長さを変える段差タイプがあります。

トレブルフック

後ろ側に付けるのが基本となります。魚が食いついてきたときにアワセやすくなるのが特徴です。根掛りしやすいので根魚を狙うのには向いていませんが、それ以外の魚を狙うときには付けることをおすすめします。

アシストフックはフロントとリアどちらに付ける?

青魚には前側のみ。歯の鋭い魚は前側に付けていたとしても食いちぎられる可能性が高いので後ろ側だけ。初心者におすすめなのは前と後ろに付けてることで針の数を増やしアワセやすくする方法です。

アシストフックを自作しよう

必要な道具は釣具店やホームセンター、100均などでも手に入れることが出来るので道具さえ揃えてしまえば市販品を購入するよりも安価で作ることが出来るので、メタルジグに合わせたものを作ってみましょう。

アシストフックに必要な道具

フック、アシストライン、セキ糸、ソリッドリングとそれを頑丈に止めるための接着剤や熱収縮パイプが必要となります。専用の道具はあれば便利ですがなくても作れますのでまずは必要な道具だけ揃えてみましょう。

NEXT アシストフック自作の手順