アシストフックを自作しよう!作り方とおすすめの道具をご紹介!

アシストフックの自作に必要なおすすめの道具②フック

アシストフックを作る際のフック選びのポイントは針先の向きや針の太さ、フックが錆にくいようにコーティングされているか等を参考にターゲットや釣り場に合わせてフックを選ぶようにしましょう。

がまかつ サーベルポイント ナノスムースコート

がまかつ(Gamakatsu) 針 サーベルポイント ナノスムースコート L 8本 68438

Amazonで見る

釣り針といえば大手メーカーのがまかつから販売されているサーベルポイントを紹介します。釣具店に行けばがまかつの針が揃っているので目でみて確認できるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

刺さりが良い

サーベルポイントの最大の特徴は貫通性の良さです。針先はスパットテーパー採用でターゲットへの刺さりの良さと共にフッ素加工の1つであるナノスムースコートが施されているのでフックが錆にくくなっています。

スペック

  • ナノスムースコート
  • サイズS:10本入り
  • サイズM:9本入り
  • サイズL:8本入り

ダイワ ライトアシストフック

ダイワ(DAIWA) SGライトアシストフックSS #1/0 965637

Amazonで見る

ダイワから発売されているフックはSaqSasという加工技術が施されており針先がとても鋭利になっています。ぶりなどの大物の青物を想定して作られた太軸のフックもあるのでサイズも色々と選べます。

鋭利な針先でバラシが少ない

針先に少し触れただけで皮膚に刺さるほど鋭利なので掛かりやすくなっていてバラシも少ないのが特徴です。完成済みのソルティガもあり、お手持ちのメタルジグに合った長さであればそちらもおすすめします。

スペック

  • サイズ#2/0:8本入り
  • サイズ#3/0:7本入り
  • サイズ#4/0:6本入り
  • サイズ#5/0:3本入り
  • 太軸サイズ#2/0X:8本入り
  • 太軸サイズ#3/0X:7本入り
  • フッ素系特殊プレーティング加工
NEXT オーナー JF-25ジガーライトホールド