栄養満点!マグロの血合いレシピ|ステーキや煮付けの作り方をご紹介

しっかりと水洗いして血抜き

鍋かボウルに水を張り血合いを入れ、流水で身が崩れない程度にもみ洗いします。ボウルの水が血で滲まなくなったらキッチンペーパーを何枚も重ねて一晩冷蔵庫に置きます。その後はペーパーを取って塩を振り、水分を拭き取れば完成です。

水に漬け込んで血抜き

水を張った鍋やボウルに血合いを入れ、15分おきに水を変えながら1時間漬けておきます。臭みが程よく抜けてマグロの風味も維持できます。あまり長時間漬けているとマグロの風味まで抜けやすくなってしまうので注意してください。

下茹でも有効

臭みをしっかり取り除きたい場合は、血合いを茹でて酒を入れ弱火で5分程度煮込みます。生姜、青ネギなどの臭み消しを入れるとさらに効果的でしょう。茹で上がったら酒と塩を振り、出てきた水分を拭き取ればOKです。

他にも色々、下処理の方法!

濃い味付けならタレ漬け

水で洗ってもどうしても臭いが気になってしまう場合は、調味料に漬けてしまってもOKです。洗った後に酒、醤油、生姜などを混ぜた漬け汁に浸します。竜田揚げや煮つけなど味付けの濃い料理にぴったりの方法です。

キッチンペーパーで血抜き

臭みはあまり気にならないけど味を落としたくない…といった方に、軽く酒と塩を振りキッチンペーパーを重ねて一晩冷蔵庫に置く方法があります。しかし風味が残るといっても臭みが取れなければ意味がありません。これは血合いの臭みが強くない場合が適しています。

このようにマグロの血合いの下処理はさまざまなので、用途や臭みの度合いに合わせて上手く処理していきましょう。美味しく調理する準備が出来たら、次は血合いを使ったおすすめのレシピを見ていきましょう。

マグロの血合いおすすめレシピ①:ステーキ

材料(2~3人分)

  1. まぐろ(血合い肉)200~300g
  2. おろししょうが1片
  3. おろしにんにく1片
  4. 醤油大さじ2
  5. 酒大さじ1
  6. オリーブオイル大さじ1
  7. 塩適量
  8. コショウ適量
  9. 小麦粉適量
  10. お好みでポン酢やステーキソース

料理のレシピ

まずしょうがとにんにくをすり下ろします。血合いをよく洗って一口大にカットし、醤油、酒、しょうが、にんにくに10分程度漬け込みます。漬けた血合いに小麦粉をまぶし、オリーブオイルで焼き色がつくまで焼きます。仕上げに塩・胡椒で味を調え、皿に盛り、お好みでソースをかけていただきます。

調理のポイント

下味をしっかりつけてから調理しましょう。和風なら大根おろしと小ネギを散らしポン酢でいただくと美味しいです。洋風にする場合はシーズニングソルトを振りかけたり、おろし玉ねぎと醤油ベースのステーキソースをかけましょう。気になる臭みをいかに抑えるかがコツです。

マグロの血合いおすすめレシピ②:煮付け

材料(2~3人分)

  1. マグロ血合い肉300g
  2. 水1/2カップ
  3. だしの素小さじ1
  4. 砂糖大さじ2
  5. 醤油大さじ3
  6. 酒大さじ2
  7. みりん大さじ2
  8. しょうが適量
  9. 青ネギ1本

料理のレシピ

大きめのボウルに水を張り血合いを洗います。血が滲み出てこなくなったら取り出して水を拭き、キッチンペーパーに包み冷蔵庫へ。臭みが消えたら一口大に切って軽く下茹でしましょう。煮汁を火にかけ、薄切りのしょうがと青ネギを入れます。その後血合いを入れ、落とし蓋をして20分煮たら完成です。

調理のポイント

水を当てながら血合いの部分を軽く押すと臭みがよく抜け、軽く湯通しすることでアクを減らすことが出来ます。煮汁に臭みが移ってしまわないように、しょうがや青ネギなどの臭み消しを活用しましょう。出来上がった煮つけに小ねぎを散らすと彩りがいいです。

NEXT マグロの血合いおすすめレシピ③:ツナ