Bluetoothスピーカーおすすめ30選!高音質や防水・車用などタイプ別紹介!

Bluetoothスピーカーはスマホ全盛な今の時代に音楽を楽しむためのマストアイテム。それだけに種類が多くどれを選んだらよいか悩みどころです。そこで今回はBluetoothスピーカーの音質や防水、車用などに分けておすすめ30選をご紹介します。要チェックです!

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

Bluetoothスピーカーは種類が多い!選び方のポイント

RobinHiggins / Pixabay

スピーカーは今では数え切れないほどあります。そんな数の中からぴったりなスピーカーを見つけ出すために、選び方のポイントを見ていきましょう。専門用語のような語がありますが、今まで使ったことがない人のためにもわかりやすく説明するので参考にしてください。

コーデックをチェック

3dman_eu / Pixabay

音質に重要となる規格のことで、コーデックは4種類(SBC・AAC・aptX・LDAC)あります。これは音声を圧縮するための方法です。音声の圧縮率が高いと音質が悪くなり、圧縮率が低いと音質が良くなります。圧縮率が高い順(音質が悪い順)にSBC→AAC→aptX→LDACです。

ワット数をチェック

◯Wと表記される家電製品では当たり前のように聞く言葉です。これはスピーカーで言うと、どれくらいの音を出せるのかを表している数で、数が大きいほど大きな音でも出せるスピーカーになります。状況によって必要な数は変わりますが、一般的に30Wくらいあると満足できるでしょう。

プロファイルをチェック

TBIT / Pixabay

機能を1つのグループとして分けている規格で、音楽を再生する機能のプロファイル(A2DP)や音の上げ下げ機能のプロファイル(AVRCP)などがあります。スピーカーで再生するには送信側(スマホ)と受信側(スピーカー)の両方に同じプロファイルが対応していなければ再生できないので覚えておきましょう。

バッテリーをチェック

michaljamro / Pixabay

この言葉は一度くらい聞いたことがあるでしょう。電気エネルギーを蓄えておくためのものになります。そのおかげで電気がない場所でも音楽の再生が可能になるのです。表記は◯mahとされていますが、◯時間連続再生可能と表記されることも多いので、こちらを目安にするとわかりやすいでしょう。

Bluetoothスピーカーのおすすめブランド

ここでは特に人気のあるブランドを紹介していきます。それぞれ目安となる価格やどんな場面で使うものが多いのかといったことを見ていくので、自分の求めているのスピーカーを探すための参考にしてみてください。

Sony

iamkajla / Pixabay

誰もが知っているブランドです。価格はコンパクトスピーカーであれば1万円代から2万円代のものが多く、片手で持てるコンパクトさでありながら臨場感のある音質を出してくれます。キャンプといった人数の多い場所でも一緒に音楽を楽しめるでしょう。

BOSE

NEXT BOSE