スモラバトレーラーって何?バス釣りで人気のワームを徹底解説!

ちょん掛けの場合

ちょん掛けはワームの動きが大きくなり、アクションした場合やステイ時にわずかな水流を受けてライブリー感を表現できます。注意点はワームが斜めにならないようにすることと、ワームの長さがラバージグに対して長くなりすぎないように、ちぎるなどして調節してみましょう。

スモラバトレーラーの使い方

取り付けが完了したら、実際に使ってみましょう。どんな使い方があるのか、アクションの仕方(ロッドワーク等)、そのアクションがどの様な場合に使用すると効果的なのかをご紹介いたします。

アクションについて

基本のアクションはラバージグと同じです。着底後、ロッドを小刻みにシェイクさせて、ジグを震わせるようなイメージでアクションさせます。または、少しだけロッドをチョンチョンとあおってエビがピョンピョンと跳ねているようなイメージでアクションさせます。エビなどの甲殻類の動きをイミテートします。

普通のラバージグではあまり使われないアクションのさせ方で、”スイミング”があります。キャストし一定の層を沈めたあと、今度はリールをゆっくり巻きながら一定の層をスイミングさせます。コツは糸ふけを巻き取っていく感じでリールをゆっくり巻くことです。軽いシェイクを加えると効果的です。

シチュエーションを選ばない

このジグで良いところはハイプレッシャー時でもバスが反応してくれることと、広範囲をを探る時はスイミングでサーチをして、ストラクチャー回りのピンスポットを狙う場合はフォールさせてシェイクさせて、縦横両方の釣り方は出来るので、あらゆる状況で使用出来ることです。

おすすめの使い方

実は一番バイトがあるのは、”フォール時”です。ですから、バスがいそうな所に確実にキャストすることが大きなキモです。注意したいのは、フォール時は妙にアクションを加えないこと着底までは糸ふけだけをとって、バイト時のラインの微妙な変化を察知します。ラインでアタリをとるのです。

タフコンディションの場合は、”リアクション”狙いのアクションがお勧めです。魚の潜んでいそうな場所にキャストして、着底後ストラクチャーに引っかけ、少しシェイクします。それでも反応がないときは、ロッドを大きく煽りジグを大きく動かします。すると反応のなかった魚がリアクションでバイトする事があります。

スモラバトレーラーのメリットとデメリット

トレーラーを装着することによって、バスにとってどんなメリットが生じるのでしょうか?また、逆にディメリットはないのでしょうか?

バスが食いやすくなる

まずは、トレーラーを装着する事によって、ジグにアクションや視覚的変化が生まれ、魚の興味を引きます。例えばフォール中であってもトレーラーの有る無しでは水を押す力が違います。ワームの種類によっては、別の水流を生みます。これが魚を引きつけ、バイトの確立が高まります。

NEXT バスがエサと認識しやすい