三重のおすすめコテージ14選!ベスト5+おすすめ9選を厳選

三重県にあるコテージを14選ご紹介します。大人数で泊まれるコテージやおしゃれなコテージがありますのでご期待ください。三重の美味しい食材を持ち込んでコテージBBQを楽しむためのおすすめ食材もピックアップしました。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

コテージとは?その魅力は?

Peggychoucair / Pixabay

三重県のオススメをピックアップする前に、、コテージってそもそもどんなものか聴き慣れない人や体験したことのない人もいるでしょう。まずはコテージの特徴や魅力について、余すところなくお知らせしていきましょう。

コテージとは?

12019 / Pixabay

コテージは、どこの施設にしても比較的キャンプ場宿泊施設の中で最もグレードが高く、高級な宿泊ができるものになります。中の設備も様々で種類も様々ですが、ほとんどの施設でエアコンやキッチン、ベッドなど設備があんびされているのが特徴です。

電機などももちろん通っているのでパソコンを使ったり、スマホを受電したりと色々なことができます。楽しむこともゆっくりと休むこともできるのが、コテージの特徴というわけです。

コテージとバンガロー、ロッジとの違い

FrankWinkler / Pixabay

コテージを調べていると、大きく勘違いを起こしやすい同じような施設があることに気づくでしょう。それがバンガローやロッジです。どの施設もキャンプ場ではよく目にする施設で、宿泊ができるという言葉を聞きますが、コテージとの決定的な違いはどこにあるのでしょうか。その違いが、宿泊に用いる道具の用意がいるかどうかです。

コテージの場合、道具の用意は一切必要ありません。空調完備でキッチンなどはもちろんですがベッドがあるのでゆっくり寝ることができます。対してバンガローは、施設にもよりますが多くの場合寝袋やバーベキュー用品は持参する必要があります。

12019 / Pixabay

また、ロッジにしても同様に持参する道具が必要となります。バンガローほどではありませんが、コテージの様に設備が整っていないので宿泊に用いる道具やバーベキューのための道具、その他いろいろと準備が必要です。コテージとバンガローの中間のグレードと思っているといいでしょう。

コテージ泊ならテント設営もしないで楽々キャンプができる

Free-Photos / Pixabay

魅力的なコテージ宿泊で快適な時間を過ごすことができることは想像している人も多いとお思いますが、コテージ泊であればテント設営スラなしで楽々とキャンプができる点も魅力です。テントの設営は何かと苦手だし、そもそもテントを持っていない人もいるでしょう。

そんな人でも、自前のテントを用意することなくきちんと整備が整った家タイプの宿でキャンプを楽しむことができます。準備など苦になる作業もほとんどないので、楽々とキャンプができる点はうれしいポイントです。

その他キャンピングスタイルもご紹介

Free-Photos / Pixabay

上記ではコテージとバンガロー、ロッジといった設備を紹介し、それぞれの宿泊スタイルの違いを紹介しましたが、まだまだそのほかの宿泊とキャンピングスタイルがあります。覚えておくと必ず今後のキャンプ場選びでも役立ちますので紹介しましょう。

ログハウススタイル

MikeGoad / Pixabay

コテージやバンガローと同じように木造の小屋を用いて宿泊やキャンプを楽しめるログハウス。宿泊のスタイルとは少し違い、単純に建物の種類ですが、こちらも一式道具をそろえる必要があります。中にはベッドなど最低限のものが整っているところもありますが、木のぬくもりを感じながら自前の道具でキャンプを楽しむことができます。

グランピング

StockSnap / Pixabay

グランピングは名前を聞いたことのある人は多いかもしれませんが、豪華なキャンプとして知られている人気のスタイルです。用意されたテントの中でキャンプを楽しむのですが、ホテルのようなおもてなしを受けながら、道具なども一切用意することなく楽しめるキャンプになります。

グランピングについてもっと詳しく知りたい方はこちら

三重のコテージの魅力

NEXT 三重のコテージの魅力