エドゲインは異常な連続殺人鬼!サイコパスを作った母の洗脳と歪んだ生い立ち

全米史上最も倒錯した殺人鬼エドゲイン。エドゲインを犯行へと追いやった母親オーガスタの影響と性的倒錯への道。エドゲインは一体何人殺害し解体してきたのか、そして性的倒錯のトリガーとなった生い立ちと異常な母との関係を解説します。

この記事をかいた人

オカルト・ホラー・フォークロア・生き物全般に興味と情熱を注いでいます。

異常な連続殺人鬼・エドゲイン

1950年代、アメリカ全土を揺るがす大事件が発覚しました。犯人の名はエド・ゲイン。彼は20世紀における稀代の猟奇殺人犯と呼ばれています。

女性2人を殺害しましたが、世間を震撼させたのは殺人そのものより、彼の死体に対する常軌を逸した執着です。そこには彼の特殊な生い立ち、特に実母との異常な依存関係が関係していました。

1957年11月エドゲイン逮捕!

1957年、ウィスコンシン州。近隣女性の行方不明事件に関連しているとして警察の家宅捜索が入り、エド・ゲインは逮捕されました。

直前までは単なる強盗殺人事件と思われていましたが、立ち入った家の中で警察は、具現化した妄執と狂気を目撃することになります。犯行に巻き込まれた被害者は、近隣に暮らす2人の女性でした。

第1の犯行「酒場の女主人マリー・ホーガン」

Seo_Seungwon / Pixabay

最初の殺人は1957年、地元でバーを経営していたマリー(メアリー)という女性でした。その年の冬、店に血痕を残したまま行方知れずになっていましたが、当初はエドが殺害に関与していることは気づかれていませんでした。

厳密にいえば「発覚した限り最も古い被害者」であって、他にも犠牲者がいた可能性もあるといいます。

第2の犯行「雑貨店経営バーニス・ウォーデン」

12019 / Pixabay

1957年の秋、金物屋の主人バーニスの行方が知れない、店に血痕があると通報がありました。警察は店内で銃殺されたと判断。前日一緒にいたというエドの家に家宅捜索に入ります。

これにより彼の殺人と、作り上げてきた悪夢の世界が世間に露呈することになりました。次からお伝えするのはその詳細な内容です。

エドゲインの家を家宅捜索!そこには人の体を加工した「作品」が


AstralniHorizonti / Pixabay

エドの邸宅に押し入った警官は、そこに広がる地獄さながらの光景を目にしました。

そこには死体、死体、死体。まるで狩猟の成果を誇るように、家じゅうが加工された死体で飾り付けられていました。あまりの事態に警官がソファに崩れ落ちると、そこにあったクッションの中から捜索対象でバーニスの生首が出てきたのです。

1957年11月16日エドゲイン屋敷家宅捜索

werner22brigitte / Pixabay

あまりに現実離れした状況に、警官は恐怖のあまり笑いが込み上げてきて狂いそうだったと言います。またこの場にはエドの邸宅にはバーニスの息子も同行していました。行方が分からなくなった母親を案じ、エドが怪しいと疑っていた人物です。

一刻も早く家族の安否を確認したかった彼は、さらに凄まじい光景を目にすることになります。

警察が目にした戦慄の「吊るされた死体」

Free-Photos / Pixabay

何よりも目立っていたのは、首なしの逆さづりの死体でした。狩猟後の獣を処理するように人間を切り開き、内臓を処理し、そのまま飾るように吊るしてあったのです。

この亡骸こそが、警察が探していたバーニスでした。彼女の息子は変わり果てた母の姿に、狂ったように泣き叫び続けたといいます。

人骨と人肉が散らばる床

NEXT 人骨と人肉が散らばる床