ピルツは優秀ワンポールテント!最新おすすめから歴代人気モデルまで全紹介!

老舗ならではの進化し続ける機能性

このブランドはご紹介しました通りワンポールタイプのテントの先駆けといってもいいほど以前から取り扱っていました。最初から扱っていたというだけあってどんどん進化を続けており、室内の換気システムや自由に取り外し可能なグランドシートも付属しています。

ワンポールテントに関する記事はこちら

ピルツ現行おすすめモデル4選①ピルツ9-DX

yongxinz / Pixabay

取り扱っているブランドとご紹介するシリーズの特徴、魅力についてをご紹介してきました。それではここからは、本題であるピルツシリーズのモデルを一挙ご紹介していきましょう。まずは「ピルツ9-DX」というモデルからご紹介していきます。

開放的な4人用テント

[小川キャンパル] キャンプ テント ピルツ9−DX 2793−10

Amazonで見る

こちらのモデルは使用人数が4人、高さが高く内部の空間も広い開放的な空間を実現した、八角錐の形状をしているモデルになります。5か所に換気箇所が付属しており、出入り口にはメッシュパネルがあるなど室内を快適に維持するための機構が備わっています。

ピルツ9-DXの口コミ

それでは、実際にこのアイテムを使用しているユーザーからの口コミの評価はどうなっているのでしょうか。口コミによると、テントの設置は大型ながらやはりシンプルでやりやすく、また本体の素材も質感が良く快適に過ごせたという評価が多く上がっているようです。

商品詳細

  • 重量 :約6.1kg
  • パッキング : 78×22×22cm
  • カラー : レッド×サンド
  • 耐水圧:1800mm

ピルツ現行おすすめモデル4選②ピルツ12

jackmac34 / Pixabay

続いて2点目にご紹介するのは「ピルツ12」というモデルになります。最初の1点目にご紹介した9が4人用ということでファミリーでのキャンプなどでは十分な大きさではありますが、それよりも大きなモデルがあれば余裕のある空間ができ、リビングとしても十分に活用できるでしょう。

グループでも楽しめる

Amazonで見る

この12は使用人数が9より少し多めの5人から6人程度となっています。ですのでファミリーで使用するのはもちろんのこと、グループでも十分に扱うことができるでしょう。シリーズ共通ですが中に使えるフルインナーとハーフインナーのテントがオプションで付けることができます。

ピルツ12の口コミ

こちらの口コミでの評価は、余裕を持って使うにはちょうど良い大きさという声が多いようです。ピルツ9では少し狭くて、かといってこのモデルよりも一回り大きいピルツ15だと余裕がありすぎてもう少し小さめでも良かったという方にはピッタリくるのではないでしょうか。

商品詳細

  • 素材:ポリエステル210d、スチール32mm径
  • サイズ:390×265×420cm
  • 収納サイズ:85×40×30cm
  • 重量:約9.0kg
  • 特徴:テフロン加工、SEAM SEAL加工、UVカット加工
NEXT ピルツ現行おすすめモデル4選③ピルツ15T/C