サングラスおしゃれなおすすめ大紹介!顔の形別・フレーム別の選び方も解説!

サングラスはおしゃれとともに日差しから目を守る重要アイテム。だからこそサングラスは自分に似合うものをきちんと選びたいですね。今回はおしゃれにサングラスを掛けるための選び方やフレーム別のおすすめを紹介します。貴方にぴったりなおしゃれサングラスを見つけましょう!

この記事をかいた人

か弱きアウトドアファン。もう少し体力をつけて、ディープなアウトドアにも挑戦してみたいです。気軽にアウトドアを楽しんでもらえるように、分かりやすい記事を作成できればと思います!

実は黄金比があった!おしゃれなサングラスの選び方

StockSnap / Pixabay

サングラスを掛けて、颯爽と街中を歩いていく人って憧れますよね。でもいざ自分で使ってみようと思っても、バランスが悪いような…なんだか決まってないな、と思う事ってありませんか?

もしかすると、顔の形に合っていない物を選んでいるのかもしれません。そんなあなたに、バッチリ格好良く決まる黄金比をご紹介します!

まずはフレームの種類を知ろう

insidehenderson / Pixabay

サングラスのフレームには、フレームが広めのウェリントン、ウェリントンの目尻がつり上がっているような形のフォックス、フレームが広めで丸みを帯びたボストン、フレームが丸型のラウンドなどの種類があります。

顔の形によって、似合うフレームが違ってくるのです。

【黄金比】上フレームは眉毛にかかるぐらいが◎

BRAG / Pixabay

フレームの上部分が、眉毛にかかる程度の大きさがベスト!目が隠れている上に、眉毛まで隠てしまうと表情がより分かりづらくなり重い雰囲気になります。強面の近寄りづらい印象になりますので、眉毛は少し除くくらいがいいでしょう。

【黄金比】フレームの横幅は顔幅と合わせて

5697702 / Pixabay

普段使いのサングラスなら、顔に収まるサイズのサングラスか、顔と同じくらいの幅のサングラスがおすすめ。顔より大きくなるとサングラスが目立ちすぎてしまいます。

目が寄っているような錯覚になりますので、イベントなどの目立ちたい時は大きめでもいいですが、普段用のサングラスは顔の幅に合わせたものが◎。

レンズのカラー・性能をチェック

Skitterphoto / Pixabay

レンズカラーによって、印象や光の抑え方が違ってきます。例えば、グレー系はスタイリッシュな雰囲気になり、光を抑える効果が高い色。

ブラウン系はどんな雰囲気にもマッチし、ブルー系の光を抑えます。ブルー系はクールな雰囲気になり、黄味や赤味の色を抑えます。

【顔の形で分かる】似合うサングラスフレームはこれ!

Pexels / Pixabay

選び方のコツは、自分の顔の形と同系統の形のフレームを選ばない事。一見顔と同じ形のフレームを選んだ方が統一感が出そうですが、実は顔のコンプレックスが目立ってしまうのです。

顔が丸みを帯びている人が丸型を合わせると、よりフェイスラインが丸く見えてしまうのです。

丸顔さんにはフォックス・ウェリントン

丸顔さんには、キリッとした形のフォックスフレームがおすすめ!フェイスラインの丸みに、シャープさが加わりバランスが良くなります。

ウェリントンはどんな顔の形にも合わせやすいフレームですが、ふんわりした雰囲気になりがちな丸顔さんには、スッキリした印象をプラスしてくます。

面長さんにはウェリントン・ボストン

NEXT 面長さんにはウェリントン・ボストン