ハコフグは毒があるけど美味しい魚!その生態や料理をご紹介

ぷくぷくとした見た目が愛らしいハコフグは、観賞魚として人気です。青と黄色のカラーが鮮やかで、見ていると癒されますが、実は食べても美味しいことを知っていましたか?ここでは、ハコフグの生態から美味しい食べ方まで詳しく紹介していきます。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

ハコフグの生態

高級な魚としてなかなか食べる機会が無いフグ。いろいろと種類がいるのですが、その中にハコフグという種類のフグが存在しています。

見た目も料理も非常に魅力的な魚ですので、今回はそんな魚についてご紹介していきましょう。まずは基本的な生態についてです。

箱のような形をしたフグ

まずこの魚がどうしてこういった名前を付けられているのかについてですが、それは見た目からきています。

体が四角形の形状をしているために四角い形状のフグだということで、ハコフグという名前が付けられています。一応丸みも帯びていますが、箱のような形となっています。

綺麗な体色

この魚は見た目が非常にきれいであるというのが特徴としてあります。体表面の色は黄色をベースとして青色の斑点が全身にあるというようなもので、海で泳いでいれば注目を集めるであろう体色であるということが画像などをご覧になって分かるかと思われます。

実は全身甲羅

前述しました通り体の色が非常にきれいで魅力的ではあるのですが、実際は全身が甲羅に包まれています。

言ってしまえば亀のようになっているということになるのですが、そのために自分自身では鰭だけしか動かすことができなくなっているという少しばかり不便な特徴も持っているのです。

ショウサイフグに関する記事はこちら

防御に優れた体の設計

前述しました通り、体は鱗ではなく甲羅で全身が覆われています。そのためにヒレを動かして泳ぐのみで、体全体を使って泳ぐということはできませんので素早く泳ぐということは難しくなっているのですが、それも一概に悪いことではないのです。

甲羅が非常に頑丈

確かに外敵から襲われたときには素早く泳ぎ回ることができなければ逃げることはできません。しかし全身の甲羅は非常に頑丈になっており、容易に突破することができなくなっています。

そして後述するとおり毒も持っていますので、逃げる必要のない鉄壁の防御が完成しているのです。

いろんな種類がいる

一口にハコフグといっても、実は一種類だけではなくたくさんの種類がハコフグ科に属しているのです。

全部で25種類が所属しており、その全部が前述した鱗が変化した硬い甲羅を持っているという特徴を持っているのです。

特徴的な種類

例えば、頭とお尻の部分に2本ずつ皮膚や鱗が変化したことによってできた角のような突起を持っているコンゴウフグという個体であったり、正面から見てみると四角形ではなく三角形の顔をしている、主にメキシコ湾やカリブ海などに生息しているバッファロートランクフィッシュという個体も所属しています。

ハコフグにも毒がある?

NEXT ハコフグにも毒がある?