キース・オブライエンって誰?人気海外ドラマメンタリストに込められた想い

全米視聴率No. 1を記録した大人気海外ドラマ「メンタリスト」。エンドロールに突然流れた「キース・オブライエン」とは何者?今回はメンタリストに登場した「キース・オブライエン」についてとドラマの魅力、そのほかのエンドロールネタが素晴らしい海外作品をご紹介いたします。

この記事をかいた人

節約料理とダイエットに勤しむ会社員です。冷蔵庫にある食材でアレンジできる料理などを研究中。

人気海外ドラマからのメッセージ「キース・オブライエンを偲んで」

出典:PhotoAC

本編が終わった後、キャストや製作者の名前が流れるエンドロールの直前、他の話にはない特別なクレジットが入りました。”In Loving Memory Of KEITH O’BRIEN”という見慣れないクレジットに困惑したり、「誰?」と疑問に思う視聴者が多かったようです。

人気ドラマ「メンタリスト」シーズン4・22話のエンドロール

THE MENTALIST メンタリスト フォース・シーズン4 [レンタル落ち] 全12巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

Amazonで見る

この話題のクレジットはアメリカで放送されていたテレビドラマ、「メンタリスト」で見ることができます。シーズンが1から7までありますが、シーズン4の22話でエンドロール直前に挟まれます。”In Loving Memory Of KEITH O’BRIEN”は訳すと「キースオブライエンを偲んで」という意味です。

「キース・オブライエン」とは何者?

出典:PhotoAC

ドラマでこのようにメッセージを残されるキース・オブライエンはドラマに出演している俳優なのか?それともスタッフなのか?あるいは出演者の関係者なのか?突然現れたこの人物に、色々な噂が出て真相が気になる人も多く、一躍話題となりました。彼の謎を追ってみましょう。

出演者にはない名前

rawpixel / Pixabay

このクレジットの後に流れるエンドロールではキャストの一覧が流れますが、その中には「キース・オブライエン」という名前は見当たりません。名前のある役は元より、エキストラとして出演しているキャストにも名前がないことから、出演者というわけではないようです。

「キース・オブライエン」とは制作スタッフメンバー!

出典:PhotoAC

出演者に名前がないとすると一体どういう関わりがあるのか?と疑問が深まりますが、実はこのキース・オブライエンという人物は、俳優ではなくドラマの制作に携わったスタッフの一人でした。監督のコメントからそのことが明かされています。

みんなに愛されていたキース・オブライエン

klimkin / Pixabay

キース・オブライエンが俳優ではなく、映画制作に携わったスタッフの一人だったということはわかりました。それでは、一体どんな人物だったのでしょうか?監督の話などからその人物像に迫ります。

制作スタッフの1人

出典:PhotoAC

キース・オブライエンはオーストラリアの出身で、他のスタッフと共にドラマ制作を支えた、キャストの荷物や機材などを運ぶドライバーだったようです。美しい声と、さらに素敵な笑顔を持つ、出演者や他のスタッフたちからも愛された人だったようです。

ガンにより製作中にお亡くなりになった

NEXT ガンにより製作中にお亡くなりになった