スーパーライトショアジギング 入門!タックルから釣れる魚までご紹介

スーパーライトショアジギング・おすすめリール

巻き上げる部分。重量があるものはキャストの際に負担が掛かり、逆に小さすぎるものは巻き上げが大変になるので、リール選びは重要なポイントになります。2500番・3000番あたりのコンパクトなものが適しているでしょう。

スーパーライトショアジギング・おすすめライン

釣り糸。PEラインの1号未満でも十分に大きめの魚が釣れた際に対応できます。ラインが細ければ細いほど、糸の感覚がわかるとされています。あまり大きいものを狙わない場合は0.6号ほどの細めのラインで十分とされていますが、やはり切れやすいデメリットがあります。巻き量としては150mのもので足りますが、ラインは絡まった際などにカットする場合もあるため、余裕を持って200mのものがよいでしょう。

スーパーライトショアジギング・おすすめロッド

竿の部分。50㎝くらいまでの魚をターゲットにするので、操作性の高いシーバスロッドやエギングロッドという種類が最適とされています。長さは10フィート以下がおすすめで、8フィート後半から9フィート前半が特に扱いやすいでしょう。

スーパーライトショアジギング・おすすめメタルジグ

ロッドやリールはショアジギング、ライトショアジギングのものを代用することも可能ですが、メタルジグはスーパーライトショアジギング専用のものを使用するのが無難と言えるでしょう。シルバー系のメタルジグはどんな魚にも対応可能なオールマイティーのジグなので、迷ったらまず選んでおきましょう。

ジグのカラーに反応して食いつく場合と、ジグの大きさから獲物と判断して食らいつく場合とがあり、魚によって反応の仕方はさまざまです。シチュエーションに応じてジグを変えてみながら、どんな魚がどんなジグに反応するのかを試してみるのも楽しみのひとつですね。

スーパーライトショアジギング・その他のあるとよいアイテム

軽量であるため、獲物の重さ、またはヒットした距離よってタックルが引き上げに耐えられない場合があります。足場からの高さに相当した長さのランディング用タモも必ず用意しましょう。フィッシュキャッチャーと呼ばれる魚を掴むグリップがあるとさらに安心です。せっかく魚が掛かったのに逃してしまっては残念ですので、きちんと準備しておきましょう。

スーパーライトショアジギング・釣り方

軽いジグを使用するので、遠投しやすいのがスーパーライトショアジギングのよいところです。まずはジグをキャストしフォールします。ロッドをコントロールしてアクションを掛けることにより、魚はジグを獲物と認識して食らいつきます。いきなり着底させると根がかりする可能性があるので注意しましょう。ラインの動きを見て着底を確認したらアクションで魚を引き寄せます。特定の層を狙ってアプローチを掛けるのがポイントです。

スーパーライトショアジギング・アクションのコツ

アクションによって釣果が左右されると言われるほど、重要なポイントです。フィッシングの時間帯やジグのカラーによって食らいつく魚種も変わってきます。ロッドのアクションもバリエーションがあると様々な魚種のゲットが期待できるかもしれません。ジギングのシャクリはダイナミックなものですが、スーパーライトショアジギングは繊細かつシャープに攻めるのがよいでしょう。

NEXT ショアスロー