絶滅動物38種を写真付きで解説!その絶滅原因や驚きの生態にも迫る

絶滅を免れることができなかった動物たち。その驚きの生態や大きさは、現代に生きる人間には想像もつきません。絶滅した動物は一体なぜ消えたのか?人間のせいなのか?動物園で会える動物たちに迫る危機についてもご紹介。大人も子どもも引き込まれる生き物たちの世界をご覧ください。

この記事をかいた人

釣り・キャンプの記事を中心に書いています。

絶滅した古代の巨大・奇妙な動物29選【写真・画像つき】

IsarDomains_com / Pixabay

絶滅してしまったために、もはや図鑑の中でしか見ることができない動物たち。この見出しではそんな絶滅動物はどれくらいの時代に生きていたのか、身体の大きさや生態といったことを見ていきます。

恐竜

enriquelopezgarre / Pixabay

今から約6600万年前の白亜紀から新生代に生きていた誰でも知っている動物です。恐竜と言ってもたくさんの種類がいるため、この見出しだけでは書ききれません。そのためある程度種類を絞ります。

肉食最大「スピノサウルス」

中生代白亜紀に生きていた推定全長が15mから17mある肉食最大の恐竜で、大きさは有名なティラノサウルスと同等かそれ以上とされており、背中には皮膚で覆われている1.8mほどの棘を持っているのが特徴です。

草食最大「アルゼンチノサウルス」

こちらも同じく中生代白亜紀に生きていた動物です。南アフリカ大陸に生息し、推定全長は35mから45mととても大きいのが特徴で、一部の学者からは生存できる最大級の恐竜だと考えられています。

巨大翼竜

mrganso / Pixabay

肉食と草食を紹介したので翼竜についても触れておきましょう。ケツァルコアトルスという翼竜で白亜紀末に生きていました。特徴は大きな翼で、広げると10mから11mにもなり最大級の翼竜とされています。

エピガウルス

出典:Wikipedia

更新世に生きていた哺乳類の中では最も小さい動物になります。特徴としては鼻から生えている2本の大きな角でしょう。この角には戦いや身を守るなどの推測がされていますが、身を守る説が有力とされています。

ギガントピテクス

出典:Wikipedia

こちらは約30万年前の更新世後期に生息していた動物で、大きさは3mほどになります。ベトナムや中国、インドに生息していました。最も大きい霊長類であり、かつ最も大きいヒト上科動物とされています。

マクラウケニア

約2万年前の更新期末期に生息していた哺乳類です。体長は3mほどで小さめの頭や長い首を持っていることから、見た目はラクダによく似ている特徴を持っていますが、ラクダとの密接な関係はありません。

カリコテリウム

NEXT カリコテリウム