古代核戦争は本当にあったのか?嘘か真か存在を裏付ける証拠を徹底考察!

現代よりも優れた文明があったとする説は世界中にあります。そして、そんな優れた文明が滅びた原因とされる「古代核戦争」もとても興味深いです。ここでは、核による爆発が起こった根拠とも解釈できる文献や、世界各地に残る核使用の根底から古代核戦争について探っていくことにしましょう。

この記事をかいた人

生きてるだけで丸儲け!!楽しいことが大好きです!!

「古代核戦争」とは

AlexAntropov86 / Pixabay

私たちが知る中で有名な、世界四大文明よりもずっと前に現代よりもはるかに進んだテクノロジーを持った文明が存在し、その時代を生きた人類が起こした世界前面の核を使った戦争のことです。世界にはこれらが本当に起こったことを示すものが多く見つかっています。

有史以前に文明が存在したという説に基づく

Cezzare / Pixabay

古代四大文明は有名ですよね。どれも大河の流域に起こり言語や、都市、国家などを生んでいるとされていてとても栄えました。それらは現代でもなしえない高度な技術があったとされていて、人間だけでは作ることのできないものや説明のつかないものがたくさんあります。

古代文明が核戦争で滅びたとする説

RonPorter / Pixabay

そんなに高い技術があったにもかかわらずなぜ滅びてしまったのでしょうか。それはむしろ発展していたからこそ起こってしまった現代のテクノロジーでは考えられない世界前面の核戦争が原因だと言われているのです。それらを思わせるものも発見されていて経験していなくては到底記すことのできない記録が残されています。

10万年前の謎

3209107 / Pixabay

確認されている中で一番古い歴史を持つ遺跡であるチャタルヒュユク。この村落はおよそ10万年前に栄えたとされており、発見されている中で最古と言われています。最古の遺跡を調べることでいろいろな事実が浮かんできました。どのような人が住み、どのような暮らしをしていたのでしょうか。

最古の人々

私たちが知る最古の人々は、ホモサポサピエンスが有名です。これらの人々は主に狩りをして生活をしていました。しかしそこからおよそ10万年かんが空白になっています。一部の学者たちの間では、この空白の間に人類は進化と滅亡を繰り返していたのではないかといわれています。

発展と滅亡の謎

geralt / Pixabay

空白の10万年もの間人類が何も発展しないとは考えにくいものがあります。それよりも、発展しては滅亡しを繰り返していたことのほうが想像しやすいです。その繰り返しの際に起こっていたとされることが核戦争だと推論する人もいるようで、一部の考古学者の間で話題になったこともあるようです。

空白の10万年

O12 / Pixabay

謎の多い空白の10慢年間ですが、その間に人類はとてつもない進化をしたと考えられています。それは人体に関してもそうですし、私たちが住む街並みや科学的にもそうですし、あらゆる面でとても進化したと考えられます。何がどのように発展していたかとても興味がわいてきます。

超古代文明の推論

NEXT 超古代文明の推論