古代核戦争は本当にあったのか?嘘か真か存在を裏付ける証拠を徹底考察!

超古代文明の推論

「黄河文明、エジプト文明、インダス文明、メソポタミア文明」これらよりも前の時代、今よりもはるかに高い技術などがあったとことが言い伝えられています。それらでは、私たちの想像をはるかに超えるテクノロジーがすでにあったとされていて宇宙人との交流があったそうです。

宇宙人と交流があった

まず、そんな時代に生活していた人たちは宇宙人との交流ができたとされています。例えば「ナスカの地上絵」が一つの証拠です。空から見なければ到底見ることのできない大きな地上絵は、発展していない技術で作られたとは説明しにくいですよね。宇宙人との交信で得た知識を使って作られたと考えたほうが容易です。

現代の文明を超えていた

KELLEPICS / Pixabay

そんなすごい技術を持っていた時代は現代のテクノロジーのはるか上を行く科学を操っていたとされ、その科学ではテレパシーを用いて会話を行ったり、宇宙人との交信はもちろんいくことも容易だったそうです。私たちが何年も研究していることがすでに行われていたということになります。

古代のテクノロジーに興味がある方はこちらもご覧ください。

地球外生命体との闘い

KELLEPICS / Pixabay

地球上の生物ではない生き物、よく言われる宇宙人なるものとの交信があったとされるのは前述でもありましたが、それらによる攻撃が核戦争を起こす要因になったとされる見解もあります。つまり地球外生命体から地球を守ろうと核戦争を起こしたという事も考えられます。

地球外生命体への対抗

Comfreak / Pixabay

よく映画などで宇宙人はテクノロジーが地球よりも優れていることがあります。それは古代でも同じだったとされ、戦争が起こったとしたらそれらに勝つためには強力な武器が必要になりますよね。そんなテクノロジーが優れた地球外生命体に勝つために使用されたのが核の可能性もあります。

テクノロジーと消滅

tombud / Pixabay

優れたテクノロジーに勝つために核戦争を起こして、結果的に自らも滅びてしまったとされる説も、それらの時代の遺跡から様々な物証が出てくるとリアルになってきます。説が仮設されるようになったのはテクノロジーの進化と消滅が繰り返されている外形も大きいです。

古代のテクノロジーに関する記事はこちら。

仮説されるようになったきっかけ

これらが疑問視されたのは、今よりも前の時代に全世界で起きた戦争が原因ですべたが消滅してしまったという恐ろしいことが事実があってからだと言われています。すべてが壊滅するという事実があったという事は、はそれだけ大きな争いがあったと考えられ、解明されていない多くの謎があることも関係しているようです。

古代の大戦争

現在までに戦争は何度も繰り返し起こってしまっています。その中でも私たちの知らない時代ではとても大きな規模の戦争が起こったとされています。それが今回とりあげている大戦争だといわれています。それにより人々は消滅され文明も終わったとされているのですが本当のところはどうなのでしょうか。

NEXT 文明の壊滅と人