伊豆大島で釣りをしよう!おすすめポイントをエリア別にご紹介!

伊豆大島は言わずと知れた釣り人にとってのメッカです。多くのアングラーが釣果を求めて伊豆大島にやってきますが、釣り場も非常に多く、どこで釣ればいいのかわからないという方も少なくありません。そうならないためにも、エリア別におすすめの釣り場をご紹介したいと思います。

この記事をかいた人

釣った魚は塩焼きにすると絶品です。バーベキュー大好きです。

伊豆大島ってどんなところ?

出典:PhotoAC

伊豆大島は海底からそびえ立つ火山の島で、沖は一気に落ちるドロップオフの地形になっています。このため、独自の生態系が保たれており、普段あまり釣りでは見かけない魚もたくさん生息しています。黒潮の影響を受ける海は透明度が抜群となっています。

伊豆大島の場所は?

伊豆大島は、東京都の一部で周囲52kmの伊豆諸島では一番大きな島です。東京から南に約120km、神奈川県の江ノ島からは南に約60㎞、伊豆半島東側の沖合いからは約30㎞のところにあります。

伊豆大島へのアクセスは?

出典:東海汽船

伊豆大島へ行く方法は3種類です。①東京・竹芝桟橋,横浜・大桟橋から出発する大型客船「さるびあ丸」で行く方法(竹芝桟橋から約4時間)。②東京・竹芝桟橋,熱海などから出発するジェット船で行く方法(竹芝桟橋から約1時間45分)。*ジェット船は季節限定航路が多いので注意しましょう。③調布飛行場から飛行機で行く(約30分)。

伊豆大島で釣れる魚は?

出典:PhotoAC

伊豆大島は、黒潮の影響を受けるので本土より水温が高めです。時季によって釣り方や釣れるものが異なりますが、通年を通じて釣れるのはメジナ、イサキ、金目鯛、メバル、カサゴなど。タカベ(4-10月)、マアジ(5-12月)、サバ(6-10月)、シマアジ(4-11月)、カツオ(4-11月)、カンパチ(4-11月)も狙えます。

伊豆大島の釣り場をご紹介!

出典:PhotoAC

島の海岸沿いは全てが釣り場といってもよいほど、数多くの釣りポイントがあります。足場が良くて初心者やファミリー連れに向いている釣り場といえば漁港や堤防でしょう。反面、足場が非常に悪いのは地磯です。ほとんど開発されていない自然のままの釣り場なので、魚が隠れやすい場所も多くなっています。珍しい魚が釣れるのもこの釣り場となっています。

伊豆大島のおすすめ釣り場その1:元町エリア

wagrati_photo / Pixabay

 

元町港周辺のエリアです。ここでは元町港、万立(まんたて)、千波崎周辺のナノマ&平床や荷積場などの各釣り場を紹介します。このエリアは、元町港から近いので、車での移動もとても便利です。

元町港

出典:PhotoAC

岡田港と並ぶ大型の漁港です。釣れる魚種が豊富なので、いろいろな釣りが楽しめます。宿や釣具屋も近くにありますのでとても便利です。足場も良いので初心者やファミリー連れにはおすすめです。

狙える魚種

元町港の先端の方ではカンパチやイナダなどの大型の魚も狙うことができますし、マアジ、サバ、タカベ、メジナなど種類は豊富です。秋から冬にかけてはアオリイカなども揚がります。ルアーフィッシングやウキ釣りなど釣り方も楽しめます。

万立(まんたて)

NEXT 万立(まんたて)