ダイビングウエットスーツおすすめ10選|オーダーやメンテナンスについても!

ダイビングウエットスーツはマリンスポーツやレジャーで必須アイテムと言えるものです。水の中で体温が逃げてしまうのを防ぐ役割を持っています。この記事ではダイビングウエットスーツの選び方、おすすめ、オーダー方法、メンテナンス方法を紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

ダイビングウエットスーツとは

joakant / Pixabay

マリンスポーツなどで使用するアイテムですが、その言葉を聞いたことはあっても実際に使用したことのない人は多いでしょう。どのようなアイテムがラインナップされているのか見当もつかない人は多いはずです。

そもそもどんな製品を表すのか、役目や仕組みについて大まかな情報を学んでいくところから始めましょう。

ダイビングウエットスーツの役目

12019 / Pixabay

この保護スーツが持つそもそもの役目は、水中での体をサポートし体温を適温に保ってくれるものなのです。水中は体温が低くなりがちですが、その構造によって一定に保てるように働くのです。

また、製品によって半袖、半ズボンタイプといったように種類は様々ですが、ダイビングにおいてはフルスーツと呼ばれる長袖長ズボンが人気です。そのため、体を包み込んでくれ、より怪我から身を守り、筋肉をサポートする役目を担います。

ダイビングウエットスーツの仕組み

JimmyDominico / Pixabay

ダイビングにおいては重要な役目を担うスーツですが、どのような仕組みが講じられているのでしょうか。まずは体温に関して、水中の水をうまく利用して体温を温める機能を有しています。

通常のドライスーツでは、水をシャットアウトし一切スーツと体の間に水が入ることはありません。しかし、ウェットスーツの場合多少の水をわざわざ入るように設計されています。

Free-Photos / Pixabay

この仕組みにより入ってきた水を体温で温め、その温まった水で外の水温から体温を奪わせないような設計になっているのです。これにより体温を一定に保てるようになっています。

また、保護の役目も担いこのスーツは体にフィットすることでより強固に守ってくれ、筋肉をサポートする役目も持っています。伸縮する記事によって体を動かす上でのサポート機能を有しているというわけです。

ダイビングウェットスーツの魅力とは

joakant / Pixabay

このアイテムに秘められた魅力についてもより詳細に紹介していきましょう。そもそもなくてもダイビング自体は可能ではと感じている人もいるはずです。また、価格にも高いものと安いものがあります。

これらの価格の違いがどのような点で影響してくるのかといったポイントも抑えておけば、今後の商品選びの際にも役立つことでしょう。

身体機能をサポートしてくれる

Free-Photos / Pixabay

先述したと通り筋肉などのサポートをしてくれる役目を担うスーツですが、この機能によりより快適なダイビングを実現してくれるのが大きな魅力です。スーツなしでは体温の低下やそれによる身体機能の低下は避けては通れません。

保護スーツによるけがの防止を対策することができると同時に、ダイビング中の身体機能を健全に保てるのでよりスムーズなダイビングを行うことができるようになるのです。

価格の差は何を表すか

Free-Photos / Pixabay

色々な製品をすでに見ている人であれば、価格の違いを痛感している人もいるのではないでしょうか。スーツには安い物なら1万円前後で手に入るものもありますが、高いものになると数万円から8万円程度までするものもあります。

安価な物でもダイビングはできるのだから問題ないのではと感じている人もいると思いますが、その価格の差はどこに影響するのかも知っておきましょう。

Pexels / Pixabay

この価格の差や、ずばりスーツ生地や搭載機能、そしてフィット感に大きく影響します。スーツは先述した通り身体機能のサポートをしけがからも保護してくれる役目を持ちます。

そのため、生地が変わると各所に影響が出るのです。例えば生地が違うと保温性と耐久性が異なります。伸縮性や水中での動きに大きく影響しますし、保温性も安価な物であれば肌との密着性すら違うので劣ることとなります。

joakant / Pixabay

さらに、生地が粗末な物であれば水中で岩などと接触した際に破れる強度面も心配になります。もちろんフィット感も異なりますし、やはり高価なものはそれだけ快適なダイビングになることは間違いありません。

水中は普段の生活空間と違い体への力の入れ方や動き方が異なるので、少しでも快適にサポートしてくれるものが良いのです。その分生地ひとつとっても有能な物を使うので効果になるというわけです。

ダイビングウエットスーツの選び方をご紹介

NEXT ダイビングウエットスーツの選び方をご紹介