おぞましい珍味・カースマルツゥの正体に迫る!気になる味や入手方法もご紹介

世界には、想像もできないほどおぞましい見た目の食べ物がいくつも存在します。そのなかでも気持ち悪い・グロいといわれるカースマルツゥ。一体カースマルツゥとはどんな食べ物なのでしょうか?気持ち悪いといわれつつもいまだに作られている理由は、その味と希少性にありました。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

カースマルツゥとは?グロ珍味の驚きの正体

イタリアのサルデーニャ地方に古くから伝わるチーズの一種です。あまり聞き慣れないこのチーズの一種は、私たちが普段口にしているチーズとは想像もつかないグロ珍味なのです。

本当に食べれるの?と耳を疑ってしまうほどインパクトが強烈なグロ珍味として注目されています。

ウジ虫入りチーズのこと

Fotovektor / Pixabay

言葉を見ただけで驚いてしまいますが、ウジ虫を人工的に発生させたチーズなのです。サルデーニャ地方の言葉では、腐ったチーズという意味を持ちます。ウジ虫を利用することでチーズの熟成をしています。

ウジ虫の体外消化によりチーズがやわらかくなる

PDPhotos / Pixabay

このグロテスクなチーズは、もともとはペコリーノ・サルドというチーズで、熟成させるためにウジ虫を使っています。熟成する際に、ウジ虫からラグリマというチーズを柔らかくする成分が滲み出ることで、カースマルツゥが完成します。

この柔らかくする際にウジ虫からにじみ出る成分のことをサルディーニャ語で涙と意味します。

ウジ虫を使うことで熟成のスピードを速める

ulleo / Pixabay

ウジ虫はチーズの脂肪分を急速に分解するので、熟成のスピードがパワーアップします。そのため舌でとろけるような柔らかさを出しています。

サルディーニャ地方はどこにある?

stux / Pixabay

イタリア共和国が行政区画としている島で、イタリアの西部に位置します。島全体が地中海に面しているため新鮮な魚介類が豊富です。ローカル料理を求めて多くの観光客が訪れ、ワインも有名です。

イタリア語ではなくサルディーニャ語を話し、イタリア本土では方言とされています。

カールマルツゥ以外のサルディーニャ料理

Simon / Pixabay

地中海の恵まれた海産物や島での家畜も盛んなサルディーニャ地方は、グロい珍味以外に美味しい料理もたくさんあります。観光地として栄えており、美味しい料理を食べに訪れるファンも多い島です。

美味しい料理はどんなものがあるでしょうか?

パスタ

RitaE / Pixabay

イタリアと言ったらパスタですが、島のサルディーニャ地方もパスタは有名です。特にニョッキ状になったパスタが美味しいと評判で、地中海で捕れた新鮮な魚介類と一緒に煮込むトマトソースが絶品です。

パン

angelorosa / Pixabay

薄く焼いたパンで、パーネカラザウといいます。フォカッチャのような形をしています。長期保存ができトマトソースと羊の乳で作ったチーズを重ねていくラザニアに似た料理も美味しいと有名です。

ワイン作りが盛ん

NEXT ワイン作りが盛ん